与田 剛(プロ野球解説者 元プロ野球選手)

By in スポーツキャスター on 2014年5月24日
キーワード: ,

よだつよし

与田 剛 (よだつよし)

プロ野球解説者 元プロ野球選手

<メッセージ>

現役生活11年で4球団を渡り歩き、引退後は、NHK解説者、 WBCコーチ、キャスターなど様々な角度から野球を見てきた与田が自身の経験を基に講演いたします。

<コメント>

NHKプロ野球解説者、 WBCコーチ、キャスターをする傍ら野球教室や講演活動を通じて、少年育成などにも努めている。
<経歴> 1965年12月4日福岡生まれ。千葉県出身。 木更津中央高校―亜細亜大学―NTT東京を経て、1990年、ドラフト1位で中日に入団。 150キロを超える剛速球を武器に鮮烈デビュー。 この年、157キロの日本最速記録を マークし、最優秀新人賞と最優秀救援投手賞に輝く。 1996年6月、千葉ロッテのトレードで移籍し、直後に大リーグ2Aメンフィスチック スに野球留学。 1997年オフ、千葉ロッテを自由契約になり、日本ハムにテスト入団。再起をかけ、 右肘を手術。 リハビリの末、1999年10月、1620日ぶりに一軍のマウンドに立ち、 感動を呼んだ。 が、その直後、日本ハムを自由契約に。 2000年、野村監督の下、阪神にテスト入団。 34歳の挑戦は“リストラの星”と呼ばれ、共感を得た。 2000年秋、引退。2001年からNHK解説者としてメジャーリーグ放送を中心に活躍。 メジャーリーグ「オールスターゲーム」「ワールドシリーズ」イチロー最多安打記録試合など 数々の名場面の解説をした。 2009年3月のWBCにて原ジャパンのピッチングコーチを務め、 世界一となり、紫綬褒章を 受章。 同年4月よりNHK『サンデースポーツ』メインキャスターに就任。

<主な活動>

<レギュラー> NHK『サンデースポーツ』キャスター(日曜21:50~22:40) NHK野球解説者、東京中日スポーツ評論家

<主な著書>

「中継ぎ力~リストラ社会ニッポンの新しい生き方」(ワニブックス/2010)

「一流力~サムライジャパン勝利の理由~」(双葉社/2009)

「与田剛のメジャーリーグ剛球解説」(NTT出版/2008)

「トッププロに学ぶ野球上達テクニックピッチング」(成美堂出版/2007)

「消えた剛速球~157キロで駆け抜けた直球人生~」(KKベストセラーズ)

 

<講演テーマ>

私の野球人生~自分を信じ、逆境を乗り越える~

ドラフト1位で始まった与田のプロ野球生活。 新人王やセーブ王という輝かしい成績の後、トレード、手術、戦力外通告、テスト入団・・・。この振れ幅の大きい体験を通して、上手くいかない時にどのような考えを持って行動したのか。諦めずに挑戦することの意義や周囲の支えなど、様々なエピソードを交え、お話します。

メジャーリーグをもっと楽しむには

2001年よりメジャーリーグ放送を担当。毎年、渡米してキャンプ取材をし、年間30試合を解説。与田の感じた日米の野球の違いや選手の考え方、ファンの資質などについて語ります。

野球界リーダー論 WBC世界一の舞台裏

WBCにピッチングコーチとして参加した与田が、世界一の舞台裏についてお話します。また、自身が関わった監督や取材をした選手などのエピソードをもとに、与田が考えるリーダー論も披露します。

<参考URL> オフィスニックスホームページ  http://www.knicks29.com/ <講演料> 応相談