やすたけりゅうしん

安武 隆信 (やすたけ りゅうしん) こどもの寺 童楽寺住職

<メッセージ> 連日のように繰り返し報道される児童虐待、青少年が引き起こす凶悪犯罪。 なぜ、このような問題が起こってしまうのでしょうか? なぜ、このような世の中になってしまったのでしょうか? こんなことを悶々と考えさせられる日々が続きます。 童楽寺住職は、和歌山県知事から養育(専門)里親の認定を受け、さまざま事情を抱える子ども達と共に、 毎日寝食を共にしています。日常の活動を通じて、家庭での養育が困難な児童が増加し、家庭に代わる 人間関係の構築を図れるような「居場所」の必要性が、より強く求められている現状をみなさんと 再確認したいと考えています。

<コメント> 孤立社会・無縁社会といわれる現代社会に「つながり」を取り戻すことが、最大の社会課題と 考えています。古くもあり新しくも感じる「子どもは社会が育て社会で育つ」・「子どもは 町に育てられる」というキーワードを挙げ、それを社会問題として取り組んでいく必要性を共有しましょう。

<経歴> 平成10年 私立 高野山大学仏教学科卒業 平成18年 和歌山県知事から養育里親認定(平成23年から専門里親に認定) 平成19年 こどもの寺 童楽寺住職就任 平成22年 (財)全国青少年教化協議会から「正力松太郎賞(青年奨励賞)」受賞

<主な活動> ●婚活支援活動●養育(専門)里親活動 ●「プチ一休さん体験」活動●青年(少年)などの長期滞在型支援活動 ●「お寺de縁結び」(婚活支援活動)

<主な著書> 仏教関連書籍にて『現代版寺子屋での実践』と題し寄稿

<講演テーマ>

現代版寺子屋での実践

孤立社会・無縁社会といわれる現代社会に「つながり」を取り戻すべく、 健全な人間関係の構築を目的とし、元気な子どもの育成の実践体験をお話させていただきます。

<参考URL> 童学寺ホームページ

<講演料> 150,000円(応相談)

ながおこうじ

長尾 公二 (ながお こうじ) FPデザインラボ 代表

<メッセージ> 教育・キャリア分野に強みをもつ、ファイナンシャル・プランナー事務所を大阪で営んでおります。 不況や高額化などもあり、学費や奨学金への関心が、保護者や生徒の間で高まっております。 自身の経験も活かし、特にこれらの分野でお力になりたいと思っております。 全国どこでも参上いたします!

<コメント> FPデザインラボ代表 ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会会員)、宅地建物取引士。1975年生まれ、大阪市出身。教育とキャリア分野に強いファイナンシャル・プランナーとして、大阪の淀屋橋で事業を営む。

<経歴> 大学院博士前期課程を修了後、証券会社の営業を経て、アパレルやIT企業での経理職などに就く。現在は、教育とキャリア分野に強いファイナンシャル・プランナーとして、大阪の淀屋橋で事業を営む。

<主な活動> ファイナンシャル・プランニング業

<主な著書> 教育・キャリア・金融・生活などの分野において、専門誌やウェブマガジンなどで執筆の実績がございます。

<講演テーマ>

学費や奨学金に強いファイナンシャルプランナーが 教える進路とキャリアの考え方

学費や奨学金に強いファイナンシャルプランナーが、進路とキャリアの考え方について、 ヒントと気づきを得ていただき、不安や悩みを解消していただきます。

教員が押さえておきたい学費と奨学金のポイント

生徒や保護者からの相談に悩む教職員や進路指導の教員が押さえて おきたい学費や奨学金のポイントをお伝えいたします。

大人になる前に知っておきたい「お金と信用」のはなし

大人になる前に知っておきたい「お金と信用」について、 教育とキャリアに強いファイナンシャル・プランナーがお話しします。

<講演料> 応相談

わだしんいち

和田 慎市 (わだ しんいち) 公立高等学校教頭

<メッセージ> 教育現場での特異体験(大事件とその問題解決)を基に、教師の方には危機を 乗り越える生徒指導のノウハウと生徒を育てることの生きがいや希望を伝えたい。 保護者や教育関係者、市民の方には学校現場の厳しい現実を正しく認識していただき、 危機意識を高めると共に、権力機関等に扇動されず、真の問題解決能力を高めていただきたい。

<コメント> 教師人生の中ではめったに遭遇しないような大事件に対処し、数々の危機を 乗り越えながら身につけた解決法や指導のノウハウは、巷の教育評論家の教育論よりも はるかに説得力がある。また広報力に欠けるといわれる教育界の中で、教師の役割や マスコミ報道の問題点を論理的に指摘するなど、情報発信力や権力に屈しない反骨心を備えている。

<経歴> 1978年、東北大学理学部卒業 同年、宮城県高等学校教員に採用される。 1983年。静岡県高等学校教員に採用される。 教職歴35年

<主な著書> 「実録・高校生事件ファイル」(共栄書房 平成24年6月出版)

<講演テーマ>

■事件から見える学校現場の実態と課題

1、高校教育現場での大事件アラカルト 2、教師の果たす役割ーどこまでが学校の責任なのか? 3、退学と学校指導の限界 4、教師不祥事に対するマスコミ報道の疑問 5、私の学びと成長 6、日本再生への青写真-市民の力が世の中を変える

■間違いだらけのいじめ・体罰対策

1、いじめ、体罰の定義の曖昧さ 2、理解されていない学校現場の実態 3、マスコミや有識者による扇動・偏向報道 4、私達大人のすべきこと(真の教育とは)

<講演料> 0~5万円(応相談)

やのだん

矢野 彈 (やの だん) 矢野経済研究所 特別顧問 潮流社 月刊「カレント」 インタビュアー <メッセージ> 敬天愛人 現代情報化時代は論理の格闘の時代です

<経歴> 1955年 成城大学経済学部卒業 1958年 株式会社矢野経済研究所設立参画 取締役就任 1970年 同社代表取締役副社長就任 1991年 同社代表取締役副会長就任 1998年 同社特別顧問、常勤監査役就任 2003年 同社常勤監査役退任、特別顧問就任

昭和52年  世田谷経営者協議会会長就任 昭和60年  日本経営管理協会名誉理事 平成 5年  関東沖縄経営者協会常任理事就任 平成 6年  成城学園評議員就任、日本ランチェスター協会副会長 平成13年  現代手工芸作家協会会長       日本バイオベンチャー推進協会副会長就任

<主な活動> 1982年より  月刊誌「カレント」のインタビューアー 2000年    「日本の未来をひらく会」発足 事務局長就任 2002年12月  日本バイオベンチャー振興協会 副会長就任 2004年3月   日本バイオベンチャー振興協会 会長就任 2004年3月   美ら島観光協会 大使就任

<主な著書> 「日本を想う心を訪ねて 1~6」(講談社、1996年~)

<参考URL> 矢野弾ドットコム

<講演料> 応相談

さとうちゅうせい

佐藤 忠生 (さとう ちゅせい) デザインオフィス忠生 ・POP&グラフィックデザイナー

<メッセージ> 新しい時代のPOP広告理論は、常に現場から生まれるという確固たる信念を持つ。 なぜそうなるかを論理的に解説します。毛筆POP広告にも定評があり、POPと名の付く ものなら何でも作れる、指導できるオールマイティー派。指導面では常に具体例提示を 基本において、分かりやすく解説しています。詳しく・優しく・熱くが売りです。

<コメント> 20才の頃からPOPを描き、現在はグラフィックデザイン、 POP類の企画と制作、指導の3本 立てで活躍。グラフィック・POP販促を分かりやすく提案することを目標としている。 手描きとグラフィックの良い面を合体してPOP制作に臨んでいる。

<経歴> 1979年 名古屋芸術大学商業デザイン科卒。       ショッピングセンター企画販促、印刷会社を経てフリーに。 1987年 デザインオフィスCHUSEI設立。       NHK文化センターPOP広告講師を8年間勤務。 1999年 NHK総合TV『オトナの試験』にPOP広告クリエイター1級として出演。        POP制作、グラフィック制作の傍ら全国にPOP講師として出張講演、現在に至る。

<主な活動> 特に全国の共同店舗のPOP講師として出張講演・指導、POP制作、グラフィック制作

<主な著書> 寄稿として― 月刊商業界、ストアジャーナル、POP広告クリエイターPART2、タイトルデザイン集、和風アイデアPOP、パソコンで作るPOP広告(共著)エムピーシー

<講演テーマ>

■100円毛筆で学ぶ和風手描きPOP(実技指導)

毛筆で描く和風のPOP広告を作る実技講習。100円毛筆を使います。 広告としてのおもしろい文字を勉強します。書道ではありません。毛筆の苦手な方、 得意な方全員集合! 飲食メニューにもPOPにも絵手紙にも使えます。 講師独特の手法を展開します。2時間以上必要。

■POP広告クリニック~POPはこう直すと売上げUPする~(理論講習)

効果的なPOP広告を作るために、POP広告の基本的部分を分解説明し、 良くないPOPのクリニックとしてプロジェクター使用で改善方法について解説します。

■ブラックボードPOPにチャレンジ!~店頭POPはこう描く~(実技指導)

店頭広告としてのブラックボードを活用し、専用POPマーカーで基本を学びます。 プライス~メッセージの制作の中で、文字・色彩・コピー・イラスト・レイアウトの 重要ポイントを短時間で押さえます。2時間以上必要。

■見やすく読みやすいPTA広報紙づくり~広報紙の企画から制作までのノウハウ~

PTA広報の役員はほぼ毎年代わります。広報紙の役割はPTA活動を紙面で伝えながら PTAへの参加意識を持ってもらうことです。そのために何をどんな形で載せるかです。 広報紙指導において、広報紙本来の在り方、年間計画の進め方、スケジュールの組み方、 紙面の組み方のノウハウなどすべてを受賞実績に基づいて分かりやすく教授します。 (対象:学校単位、市PTA、都道府県PTA、日本PTAなど)

<参考URL> ぎふのPOP魂

<講演料> 応相談

きばひろこ

木場 弘子 (きば ひろこ) キャスター、千葉大学教育学部特命教授

<メッセージ> キャスターとしての経験からコミュニケーション能力UPやモチベーションUPについて、 母として、また教育学部教授としての立場から「子育て」や「教育」について、 また、エネルギー政策に関わり、数多くの環境問題の現場を取材した経験から 環境・エネルギー」についてお話します。

<コメント> ★木場の経歴には初めて!が多い

○ 民法初の女性スポーツキャスター ○ プロ野球選手とキー局アナウンサーの最初の結婚 ○ 民放女性アナウンサー初の国立大講師 ○ 県内最年少の市の教育委員 ○ 千葉大教育学部初の特命教授

このような経験から、フロンティアとしての苦労ややりがいなどを 講演ではお話いたします。

<経歴> 千葉大学教育学部を卒業後、1987年、TBSにアナウンサーとして入社。 在局中はスポーツキャスターとして、『筑紫哲也ニュース23』など 多数のスポーツ番組を担当。女性スポーツキャスターの草分けに。 1992年 与田剛氏(NHKスポーツキャスター)との結婚を機にフリーランスに。 現在は妻、母、キャスターの三役をこなす存在として、テレビ出演、コーディネーター、 講演や執筆活動など多方面で活動。最近は教育や環境・エネルギーに関わる活動が多い。 2001年より千葉大学教育学部非常勤講師、千葉県浦安市の教育委員に就任。(2期8年) 2006年、千葉大学教育学部初の特命教授。 2007年、洞爺湖サミット・クールアースアンバサダー。 2008年より政府の教育再生懇談会メンバーとなる。 2010年より国交省にて、リニアモーターカーや自動車の燃費基準、空港の在り方等に ついての集中審議に参加。 生活者と国の行政をつなぐ立場を常に意識しながら活動している。

<主な活動> <出演番組等> 日本テレビ系『ウェークアップ!ぷらす』土曜8:00~9:30 読売テレビ 『ten!』16:48~19:00 週刊新潮  『エネルギー新時代 キャスター木場弘子の眼』

<審議会メンバー(現職)> ○経済産業省 「総合資源エネルギー調査会」 「総合資源エネルギー調査会 電気事業分科会 原子力部会」 「総合資源エネルギー調査会 総合部会」自動車燃費基準小委員会(国交省合同)

○国土交通省 「交通政策審議会」 (交通体系分科会計画部会・環境部会、観光分科会、 陸上交通分科会、 海事分科会、港湾分科会、航空審議会) 中央新幹線小委員会 空港運営のあり方に関する検討会 「社会資本整備審議会」

○文部科学省 高等教育課「今後の医学部入学定員の在り方に関する検討会」委員

○農林水産省大臣官房 「食料自給率向上推進委員会」

<主な著書> 「子連れキャスター走る!」(中央公論新社)

<講演テーマ>

<環境・エネルギー>

■子どもたちの未来のために考えたい エネルギーや環境のこと

環境問題が世界的に大きなテーマとなった今、私たち一人一人がどのような取り組みを していけば良いのか。 経済産業省など多くの省庁でエネルギー問題をテーマにした委員会に参加し、内外で 様々な発電施設を視察してきた木場が世界の、そして日本のエネルギー事情、環境問題に ついてわかりやすくお話します。 次世代教育のために、女性向けセミナーで講演する機会が多いのですが、アンケート結果で ためになった」との回答が99%を超え、大変反響の大きい講演です!

<ダイバーシティ・仕事と生きがい>

■未来を創る、主役は私~自分のものさしを大切に~
■子連れキャスター走る!

男女雇用機会均等法元年に就職し、TBSにて女性初のスポーツキャスターとなった木場が、 いかにして、男性社会の中で協調し、自己を確立してきたのかをお話します。 また、結婚後も、子育てをしながら、どのようなスタンスで仕事に取り組んで来たのか、 職場のスタッフや家族とのコミュニケーションについてもご提案します。ワーキングマザー としての奮闘ぶりを率直にお話します! ダイバーシティーやワークライフ・バランスをテーマにした研修等によく呼んで頂きます。

<教育・子育て>

■のびのび子育てのススメ

出産時、長男がICUに入るなど、波乱の幕開けとなった木場の子育て。 そんな自身の体験から今の孤独なお母さん方に、のびのびとお子さんを育てるための 幾つかの提案をさせて頂きます。 高校生の母としての立場に加え、政府の教育再生 懇談会や2期8年教育委員会に在籍した立場、そして、未来の教員である千葉大学教育 学部の学生さんに講義をしている立場から、多角的に教育・子育てについてお話します!

<社員研修>

■魅力的なコミュニケーションを考える~インタビュー取材を例に~

コミュニケーションの基本は、相手を分かろうとする気持ち、そして、相手にわかってもらおう とする努力。この二つが双方向に上手くかみ合ってこそ、円滑なコミュニケーションが得られ るもの。企業トップや閣僚、スポーツ選手など幅広くインタビューをして来た経験から、 短時間で相手の気持ちを引き出すには、また、逆にわかりやすく伝える方法について お話します。新人スポーツキャスター時代の失敗談など様々なエピソードを交えた 「コミュニケーションの基本7か条」は好評です!

<参考URL> オフィスニックホームページ 公式ブログ「木場弘子の幅広通信」

<講演料> 応相談

おにつかしんこ

鬼塚 眞子 (おにつか しんこ)

保険・福祉介護・医療ジャーナリスト、一般社団法人 介護相続コンシェルジュ 代表理事、治験審査委員

<メッセージ> 来ていただいた方に、「分かりやすい」「楽しい」「来て良かった」と思っていただける講演を させていただきます。

<コメント> 昨年、NYで開催された「ワールドメディアシンポジウム」の日本代表。 保険営業と業界紙の記者経験を持ち、業界と商品事情に精通し、ファイナンシャルプランナー の資格を持つ稀有な存在と言われている。講演は「元気が出た」「役にたった」と大評判を 呼んでいる。

<経歴>

アルバイトニュース・テレビぴあで編集者として勤務。出産を機に専業主婦に。

10年間のブランクを経て、大手生保会社の営業職に転身。

その後、業界紙の記者を経て、2007 年に保険ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー(FP)として独立。

保険業界と商品に精通し、保険営業経験とFP資格のある、日本では稀有な存在の保険ジャーナリストとして知られている。2010 年、保険業界活性化を図るため、保険のすべてのチャネルを横断する「オーツードットコム 保険業界の明日を考える会」(現:トリプルA)を主宰。

また、認知症の両親の遠距離介護を契機に、2013年一般社団法人介護相続コンシェルジュを設立。

一部上場企業と契約を交わし、「サクセスシニア」を実現するための相談業務を開始。

2014年から聖徳大学心理・福祉学部に編入。同年介護初任者研修修了。マスコミ出演、執筆、講演、相談等で幅広く活躍中。

<主な活動> テレビ・ラジオ 2006年4月NHK ゆうどきネットワーク「遺言セミナー人気の秘密」 2011年8月ラジオ日本「よこはまロハス」

マスコミ 日本経済新聞・日経ヴェリタス・フジサンケイビジネスアイ・日刊スポーツ(WEB版)・読売ファミリー・北海道新聞・埼玉新聞・三重新聞・伊勢新聞・新日本保険新聞・週刊ダイヤモンド・週刊エコノミスト・日経マネー・週刊ポスト・サンデー毎日・MONOQLO(モノクロ)・FLASH・THE21・婦人公論・女性セブン・週刊女性・SAITA・ FX攻略.comなど多数

講演 JA・かんぽ生命・損保ジャパン日本興亜・東京海上日動・三井住友海上・日新火災・住友生命・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命・東京海上日動あんしん生命・三井住友海上あいおい生命・メットライフ・日本FP協会・MDRT・JAIFA・一般企業や学校など多数

<主な著書> 保険選びは本当にカン違いだらけ (SB新書)

<講演テーマ>

【保険関係者向け講演・セミナー】

◆ジャーナリストのここだけの話 ~明日から2倍売れる?!奇跡の切り口~ 特長:旬のテーマに応じた講演・セミナープログラムをご提供させていただくことができます。生損保ともOK。保険会社や募集人様、地域性を考慮したカスタマイズしたプログラムをお届けすることができます。

 【保険関係者向け研修】

◆明日から2倍売れる?!成功者の小ネタ 対象:新人・スランプの方向け 目的:モチベーションアップとスキルアップ ・これまで1万人以上の業界関係者の成功のコツや自ら体験したことを交えて、「明日からでも」「私にも」できる小ネタを披露する ・お客様が求められることは何かを客観的に伝える ・仕事の使命と役割を再認識してもらえるモチベーションアップを図ることができる

◆職員力の引き出しが組織を輝かせる 対象:組織長・次世代リーダー 目的:個能&組織力向上 ・営業職員の目線から組織運営を考える ・他社の成功事例紹介 ・参加型

【一般の方向けのマネー&ライフプランセミナー】

★親子3人全財産18円からの逆転! ~極上節約やりくり術をそっと教えます~

★ワクワクイキイキ!新米パパママ応援セミナー ~どうやりくりする?どう貯める?生活設計のコツは?~

★ワクワクイキイキ!アラフォー世代応援セミナー ~どうやりくりする?どう貯める?生活設計のコツは?~

★ワクワクイキイキ!アラフィフ世代応援セミナー ~今、どうやりくりすればいいの?老後の不安も解消したい!~

★サクセスシニアの応援セミナー ~第二の人生を自分らしく生き抜くためのコツ~

◆世代別に悩みや課題は違いますが、どんな世代でもOKです。 特に女性の就業や収入によって、ポイントが違いますので、いかようにもカスタマイズさせていただくことができます。

【一般の方向けの保険セミナー】

★保険の見直しは本当にカン違いだらけ

★20年後に失敗しない保険選び

【一般の方向けの介護相続セミナー】

★遠距離介護は、こうしてクリア

★親子で学ぶ介護相続

 

<講演料> 応相談