よねはしきよはる

米橋 清治 (よねはし きよはる) フリーライター 行政書士事務所職員

<メッセージ> 2歳のときに両親が離婚。6歳で岡山市内の児童養護施設に入所を余儀なくされ、 18歳の大学合格まで過ごす。大学卒業後、司法試験に手を染めていたときに 生活のためにアルバイトを始めた塾にそのまま就職。後に塾を自ら興すも閉鎖廃業。 そんな折、30年ぶりに実父と連絡が取れ、再会したのもつかの間、父は生れ故郷を遠く 離れた地で自ら命を絶った。自らの手で、「押し付けられた環境」を、時にはやんわり、 時には巧妙に、そして時には徹底的に拒否し、社会的に生きるか死ぬかの闘いを繰り広げ、 その中で自ら立つべきものを作り上げてきた、37年間の私の人生。 その総決算へむけて、私は今日も闘いを続けています。 私はその闘いの中で得たものを総括し、社会に還元すべく、今、立ち上がりました。私の人 生から得た、現代を生き抜くための知恵と勇気を、広く皆さんに伝えていきます!

<経歴> 1975年 備前市伊里幼稚園中退・児童養護施設に入所 1987年 大学入学資格検定(現高等学校卒業程度認定試験)合格 1988年 岡山大学法学部入学、1993年卒業       岡山市内の学習塾講師、経営者を経て、現在に至る。        主な専門は大学受験小論文、国語、英語。

<主な活動> 岡山大学鉄道研究会OB、鉄道研究者 高校中退通信(編集長・田中敦氏)元編集委員 2006年9月の出版を機に講演活動を開始 自分史製作サポーター

<主な著書> とむらいの汽車旅2万キロ(2006年9月・吉備人出版刊) <講演テーマ>

■もうひとつの家庭~児童養護施設の生活の日常生活とその課題

普通の「家」で育つことのできない子供たちが暮らすもうひとつの家庭・児童養護施設。 岡山市内のある施設で6歳から18歳の大学合格時まで生活した経験をもとに、施設の生活 とその問題点を語り、「個人とは何か」「家庭とは何か」を改めてみなさんとともに検証してい きたい。 私のいた施設は、確かに先進的なところで、当時の職員諸氏にはいろいろとお世話になり、 大いに感謝するところである。しかし現実には、子供たちを出汁にして虐待や偽善行為、さら には私腹肥やしに走る施設やその職員、その周辺に巣食う者もまた多い。そこで育った者たちが、 どう社会と向き合うようになっていったか、私に限らずさまざまな事例をもとに、 児童福祉の周辺から現代社会の問題点を語りたい。

■父の自殺を通して~鉄道趣味を通して自分自身を総括して

5歳のときにいなくなり、35歳になるまで会えなかった。再会したのもつかの間、父は千葉県の 木更津で自殺してしまった。事業を崩壊させ、一家離散を招いた父ではあるが、それでも私は 自らの信念を持って父を弔った。父を弔うことは、自分自身の人生を総括し、新たな出発の礎を 築くことであった。そんな時頼りになったのは、幼少時からの鉄道趣味であった。 その過程と心境を伝えたい。 私は鉄道趣味によって、人生を切り開いてきた。小学生で、大学の鉄道研究会からスカウトを受け、 それを元手に自らの趣味活動を充実させただけでなく、さまざまなものを得てきた。 鉄道趣味が私に与えてくれたものは、単なる慰めではなかった。生きる力などといった 生ぬるいものではなく、闘って自らの存在を勝ち取るための「最終兵器」と言ってもいいほどのもので あったし、今でもそうである。

■個人化の時代~組織ではなく、一人一人を見るべき時代の到来

近年、かつてなく組織や集団と称するものへの依存度が低くなってきた。大学などの弱小 サークルは相次いで消滅し、学習塾と家庭教師の垣根はほとんどなくなった。フリーターや ニートの増加もまた、この流れの中にある。しかし一方で、従来結びつき得なかった人間同 士の結びつく例も増えてきた。私はこの状況を「個人化」と定義している。「個人化」社会の成 立した背景と現状を分析し、この時代を生き抜く有効な手立てをともに模索していきたい。

<参考URL> ふみづくり職人 フリーランスライター・米橋清治

<講演料> 150,000円~ 要相談 (別途:交通費・宿泊費)

みやもとちなつ

宮本 千夏 (みやもと ちなつ) フードコーディネーター・料理研究家 ミューズNETプランニングマネージャー

<経歴> 新宿調理師専門学校卒業 フランス料理ニース食堂・カフェ入社 4年勤務 フランス料理ヴィアンヴィニュ入社 1年勤務 フードコーディネーターアシスタント歴5年 伊藤ハム株式会社 フードコーディネーターとして契約 4年勤務

2005年フリーで活動開始。 食べ物中心のイラストレーターとしても活動している。

プランニングプロデューサー次屋妙子氏(ミューズNETプランニング代表)のマネーシャーも 勤め、数多くのイベント企画に参加。

<主な活動> 現在、六本木ヒルズで女性の為のトークショー型式の サロン講座『夢をかなえる大人の学校ーサクセスウーマン講座』をバックアップしている。

東京ぐるめ:栗原明則氏プロデュース東京ぐるめのコラボ企画。         東京の坂と甘い物の和菓子担当。 日本テレビ:汐留スタイル「バレンタイン直前!簡単レシピ&ラッピング術」に         レシピ提供および出演。 宝島社:冷凍テク&節約おかず <仕込みで作る手間なしレシピ15品>にレシピ提供。

他多数

専門分野 <料理> <お菓子> <食>

料理教室、フードコーディネート等の講師が中心。 その他の形式に関してはお問い合わせください

<参考URL> ちなぽんKitchen

<講演料> 50,000円(その他費用を除く) 応相談