松本理恵

松本 理恵 (まつもと りえ) 株式会社リンピア 取締役

<メッセージ> 私は、お客様から最高の笑顔を頂くことを信念に仕事をしてきました。化粧品メーカー、化粧品販売店、エステ業界、サービス業のプロの育成を本気で考えている方へ。講演、研修のみならず現場でのOJT、きめ細かな他の人が絶対にしないロールプレイングも行います。お客様の心を大切に思い実績の作れるスタッフを育成します。

<コメント> スマイルスキャン(笑顔自動判定器)での接客研修は、「120%の笑顔を日々意識出来るようになりました。」「自然な笑顔ができ、私のモチベーションもアップしました。」「朝から毎日楽しく仕事が出来るようになりました。」「研修は、楽しく明日からすぐに実行できることばかりでした。」等、のお声を必ず頂きます。サービス業のプロフェッショナルスタッフ育成はスマイルコンサルタント、松本にお任せ下さい。継続的な研修を行っているA社では、前年比200%以上の実績を上げています。

<経歴> 昭和56年 資生堂大分販売株式会社入社 平成15年 資生堂首都圏入社 平成17年 株式会社ケイポートドラッグマート入社(美容事業部、人材育成推進部) 平成25年 株式会社リンピア入社

<主な活動> 接客マインド研修(新入社員~経営者様)  アンチエイジングセミナー(基本のメイク講座~若返りメイク講座)

<講演テーマ>

化粧品ビジネスの成功法

化粧品の歴史、化粧の持つ可能性、プロの一言、おもてなしの心の表し方 化粧品ビジネスの魅力と成功の秘密

接客マインド研修(新入社員~経営者様)

接客5原則、笑顔の効果、スマイルスキャンによる自動判定、笑顔トレーニング、再判定 セルフモチベーションコントロールについて

クレーム対応

クレームの種類とその対応、心の内の満足と不満がわかるお客様の4タイプ、お客様の不満とその対処結果によるその後のリピート率の関係、聴くことの重要性

<講演料>

10万円(応相談)

やたがいこういち

谷田貝 孝一 (やたがい こういち) 有限会社ジュントオル 代表取締役

<メッセージ> 自動車鈑金塗装工場を経営。職人として、今ある資産を有効に活用しながら、 新たな売上を作る仕組みを構築(経営革新)この仕組み(レンタルガレージ)を 全国にフランチャイズ展開し、たった一人で本部を運営主宰しています。

<コメント> 自動車鈑金塗装工場を経営。職人として、今ある資産を有効に活用しながら、新たな売上を 作る仕組みを構築(経営革新)この仕組み(レンタルガレージ)を全国にフランチャイズ展開し、 たった一人で本部を運営主宰する。講演・セミナーでは、自身が実践で創り上げ構築したノウ ハウを包み隠さず伝授。参加者からは、「ノウハウをしゃべる講師は始めて」、「偉い先生の机 上の空論や成功者の自慢話ではなく、”具体的な行動の方法”なので、今すぐにでも行動した くなる内容」と評判。 <経歴> 13歳で新聞配達を開始。5年間勤める。 1988年 5月 谷田貝自動車板金塗装開業 2001年10月 中小企業経営革新企業に承認される。 2002年 5月 有限会社ジュントオル設立。代表取締役に就任。 2006年10月 栃木県商工会連合会エキスパートに登録される。

<主な活動> 2006年 6月 NHK教育テレビ「ビジネス未来人」に出演。 2007年 3月 株式会社損保ジャパン滋賀県支部勉強会にて講演。 2007年11月 千葉県商工会連合会役員勉強会にて講演。

<主な著書> 集まっちゃうしくみ(つた書房)

<講演テーマ>

■今ある資産を有効活用した新たな売上を作る仕組みづくり(経営革新講演・セミナー)

「今ある資産」が宝に見えてくる視点の変え方。「今ある資産」を宝の持ち腐れにしない ための有効活用法。はじめの一歩から目標達成までの具体的な行動を事例を交えて伝授。

■少予算販促・集客「具体的な行動方法」を伝授。(小規模店実践セミナー)

ものづくりと商いの原点が理解できれば、お金を使わず明日から集客・販促可能。 集客・販促のはじめの一歩から目標達成までの具体的な行動を事例を交えて伝授。

<参考URL> 谷田貝孝一オフィシャルWebサイト

<講演料> 100,000円~(応相談)

さとうちゅうせい

佐藤 忠生 (さとう ちゅせい) デザインオフィス忠生 ・POP&グラフィックデザイナー

<メッセージ> 新しい時代のPOP広告理論は、常に現場から生まれるという確固たる信念を持つ。 なぜそうなるかを論理的に解説します。毛筆POP広告にも定評があり、POPと名の付く ものなら何でも作れる、指導できるオールマイティー派。指導面では常に具体例提示を 基本において、分かりやすく解説しています。詳しく・優しく・熱くが売りです。

<コメント> 20才の頃からPOPを描き、現在はグラフィックデザイン、 POP類の企画と制作、指導の3本 立てで活躍。グラフィック・POP販促を分かりやすく提案することを目標としている。 手描きとグラフィックの良い面を合体してPOP制作に臨んでいる。

<経歴> 1979年 名古屋芸術大学商業デザイン科卒。       ショッピングセンター企画販促、印刷会社を経てフリーに。 1987年 デザインオフィスCHUSEI設立。       NHK文化センターPOP広告講師を8年間勤務。 1999年 NHK総合TV『オトナの試験』にPOP広告クリエイター1級として出演。        POP制作、グラフィック制作の傍ら全国にPOP講師として出張講演、現在に至る。

<主な活動> 特に全国の共同店舗のPOP講師として出張講演・指導、POP制作、グラフィック制作

<主な著書> 寄稿として― 月刊商業界、ストアジャーナル、POP広告クリエイターPART2、タイトルデザイン集、和風アイデアPOP、パソコンで作るPOP広告(共著)エムピーシー

<講演テーマ>

■100円毛筆で学ぶ和風手描きPOP(実技指導)

毛筆で描く和風のPOP広告を作る実技講習。100円毛筆を使います。 広告としてのおもしろい文字を勉強します。書道ではありません。毛筆の苦手な方、 得意な方全員集合! 飲食メニューにもPOPにも絵手紙にも使えます。 講師独特の手法を展開します。2時間以上必要。

■POP広告クリニック~POPはこう直すと売上げUPする~(理論講習)

効果的なPOP広告を作るために、POP広告の基本的部分を分解説明し、 良くないPOPのクリニックとしてプロジェクター使用で改善方法について解説します。

■ブラックボードPOPにチャレンジ!~店頭POPはこう描く~(実技指導)

店頭広告としてのブラックボードを活用し、専用POPマーカーで基本を学びます。 プライス~メッセージの制作の中で、文字・色彩・コピー・イラスト・レイアウトの 重要ポイントを短時間で押さえます。2時間以上必要。

■見やすく読みやすいPTA広報紙づくり~広報紙の企画から制作までのノウハウ~

PTA広報の役員はほぼ毎年代わります。広報紙の役割はPTA活動を紙面で伝えながら PTAへの参加意識を持ってもらうことです。そのために何をどんな形で載せるかです。 広報紙指導において、広報紙本来の在り方、年間計画の進め方、スケジュールの組み方、 紙面の組み方のノウハウなどすべてを受賞実績に基づいて分かりやすく教授します。 (対象:学校単位、市PTA、都道府県PTA、日本PTAなど)

<参考URL> ぎふのPOP魂

<講演料> 応相談

かねだあきら

金田 晃 (かねだ あきら) 有限会社エスピーケイ 代表取締役

<メッセージ> 講演の決め手は3つの「み」。すなわち、最初の5分で聞く者をとらえる「つかみ」。 説得力のある「なかみ」。内容が具体的で実効性が高いと思わせる「ふかみ」。それが私の強み。

<経歴> 販売促進コンサルタント。エスピーケイ研究所所長。 昭和21(1946)年、石川県金沢市生まれ。 高校卒業後、コピーライター養成所をへて、大手量販店の販売促進部等に勤務。 昭和60年に独立し、金田晃販促事務書を設立。 同63年に法人化して有限会社エスピーケイとし、現在、代表取締役。 日本販促実務指導家協会代表幹事。 石川県中小企業診断指導業務コンサルタントをはじめ、石川県産業創出支援機構、 (財)神奈川県商店街振興連盟、商工会議所、商工会連合会等のアドバイザーの委嘱を受ける。 また、通産省認定の公的資格である「POPクリエイター」試験の技術審査員を長くつとめた。

<主な活動> あらゆる流通チャネルの販売促進に関する講演、執筆実務指導を行なう。 講演は年間約120回強。執筆は専門誌に常時数本の連載を持つ。

販売促進のコンサルティングを中心に、講演、執筆、実地指導等で活動。 専門は、あらゆる流通チャネルの販売促進、販促能力の育成強化。 主な講演や指導先として、地元官庁、メーカー(トヨタ研修センター・ミズノ・ダイキン工業)、 卸売業(日本出版販売・伊藤忠燃料)、販売会社(富士火災・ホンダベルノ)、 大規模小売業(イオングループ・高島屋SC)、業界団体(日本印刷工業組合)、 共同店舗、商店街、全国各地の商工会議所、商工会、法人会、経済同友会、 JA共済連、JA経済連など。 また、地域活性化、商業再開発、まちづくり等の講演、およびプロジェクトに参画。 ほかに、伝統文化コーディネーターに認定され、伝統芸能を核とした地域振興にも 協力している。

<主な著書> ■主な寄稿先 月刊「商業界」に準レギュラー執筆。ほかに「セールスマネージャー」(ダイヤモンド社)、 「ストアジャーナル」(研修出版)、「製菓製パン」(製菓実験社)、 「サロンオーナー」(理美容教育出版社)等で数年にわたり連載ページをもつ。 単発のものでは「ほうじん」(全国法人会機関誌)、「企業実務」(日本実業出版社)など多数。

<講演テーマ>

■成果を引き出すビジネス文書術

書いて伝えるだけでは成果なし。めざす相手からリアクションを引き出す具体的ノウハウを アドバイス。営業や企画部門向けに好適。

■顧客をつかむプレゼンの極意

マニュアル化したプレゼンテーション。パワーポイントなどの伝達ツールにふり回される弊害。 これらの誤りを正し、強力な情報発信のワザを説く。

■どんな会社も変化対応業

近年、「経営革新」が叫ばれているが、現状に甘んじることなく、積極果敢に時代の変化に 対応するための発想と、具体的な方策のヒントをアドバイス。

<講演料> 200,000円