やのだん

矢野 彈 (やの だん) 矢野経済研究所 特別顧問 潮流社 月刊「カレント」 インタビュアー <メッセージ> 敬天愛人 現代情報化時代は論理の格闘の時代です

<経歴> 1955年 成城大学経済学部卒業 1958年 株式会社矢野経済研究所設立参画 取締役就任 1970年 同社代表取締役副社長就任 1991年 同社代表取締役副会長就任 1998年 同社特別顧問、常勤監査役就任 2003年 同社常勤監査役退任、特別顧問就任

昭和52年  世田谷経営者協議会会長就任 昭和60年  日本経営管理協会名誉理事 平成 5年  関東沖縄経営者協会常任理事就任 平成 6年  成城学園評議員就任、日本ランチェスター協会副会長 平成13年  現代手工芸作家協会会長       日本バイオベンチャー推進協会副会長就任

<主な活動> 1982年より  月刊誌「カレント」のインタビューアー 2000年    「日本の未来をひらく会」発足 事務局長就任 2002年12月  日本バイオベンチャー振興協会 副会長就任 2004年3月   日本バイオベンチャー振興協会 会長就任 2004年3月   美ら島観光協会 大使就任

<主な著書> 「日本を想う心を訪ねて 1~6」(講談社、1996年~)

<参考URL> 矢野弾ドットコム

<講演料> 応相談

みずたにけんじ

水谷 研治 (みずたに けんじ) 中京大学 大学院教授

<メッセージ> 日本経済のゆくえを探る。 目先の景気だけではなく、将来の問題も考え、対応を模索しよう

<コメント> ドル高是正を決めた85年のプラザ合意に先立ち、1ドル=240円当時に、「1ドル=150円の 世界」というレポートを出すなど、急激な円高やバブルの崩壊を予想したほか、 第3次遷都 論の火を付けたとも言われている。

<経歴> 1956年 名古屋大学経済学部卒業、東海銀行(現、三菱東京UFJ銀行)へ入行       経済企画庁、シティ銀行(ニューヨーク)へ出向       清水、秋葉原、八重洲、ニューヨークの各店長、調査部長、専務取締役を歴任 1984年 東海総合研究所(現、三菱UFJリサーチ&コンサルティング)社長、会長、理事長を歴任 1999年 中京大学 大学院教授。理事。経済学研究科長、MBA研究科長を歴任

<主な活動> 公務員制度調査会委員など政府関係の各種委員

■メディア出演実績 NHK   「日曜討論」「新サラリーマン・ライフ」等 TV朝日 「サンデープロジェクト」「朝まで生TV」「やじうまワイド」 フジTV  「報道2001」

<主な著書> 「日本経済 インフレの危機」(2007年 「銀行の錯覚」(2006年、PHP研究所) 「耐乏なくして再生なし」(2005年、東洋経済新報社) 「世界最強 名古屋経済の衝撃」(2005年、講談社) 「ドル大崩落」(1998年、PHP研究所) 他多数

<講演テーマ>

■日本経済のゆくえ

現状の問題点から将来の姿を展望し、対応策を示唆する。

■ドル相場のゆくえ

アメリカ経済の問題点を指摘して、将来の激動を予想する。

■名古屋経済 強さの秘密

世界が注目する名古屋経済の秘密に迫る。

<講演料> 500,000円

ベンジャミン・フルフォード

ベンジャミン・フルフォード ジャーナリスト・元「フォーブス」アジア太平洋支局長

<参考URL> Benjamin Fulford HP

<講演料> 応相談

しまのきよし

島野 清志 (しまの きよし) 経済評論家、ジャーナリスト

<メッセージ> ITバブルの破裂、大学の経営破綻、法科大学院の淘汰等々、過去書籍において、 いち早く予測し警鐘を鳴らしてまいりました。 先行き不透明な時代の寄る辺としてぜひご活用下さい。

<経歴> 1960年 東京都生まれ。 1981年 早稲田大学社会科学部中退。 1984年 公社債新聞入社。株式・転換社債市場担当記者として勤務。 1989年 一吉(現いちよし)証券経済研究所に入社。製薬、金融業界等の調査を担当。 1992年 独立。

<主な著書> 危ない大学・消える大学、就職でトクする大学・損する大学、 この会社が危ないシリーズ(以上エール出版社)、 ザンコクな時代(総法令出版)、化粧品業界再編地図(ぱる出版)など88点。 ※2011年10月現在

<講演テーマ>

■大学は今後どうなる

進学率が5割を超え、より身近なものになった大学の現状と問題点をわかりやすく解説。 合わせて今後大学がどうなるかをズバリ予測。

■日本経済と株式の今後

難題山積の日本経済の近未来、スランプの続く株式市場のこれからを独特の視点で 読み解く。シンプルかつユニークな投資手法も教示。

<講演料> 応相談

kamiji-akinori

上地 明徳 (かみじ あきのり) 信州大学経営大学院 客員教授

<メッセージ> 今世界経済で起きていることを誰よりも面白くわかりやすく説き明かします。

<コメント> 元外資系証券トレーダー、大学で証券市場の実証研究と教育という経験ならではの ”本物の眼”で経済現象を切り込みます。

<経歴> 1987 早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了 モルガンスタンレー証券 インターナショナル・アービトラージ部トレーダー 1998 日本インベスターズ証券創業 専務取締役 2010 SBI証券 特別顧問 2012 信州大学経営大学院 客員教授

<主な活動> 金融人生の前半は、外資系証券でトレーダーとして債券の裁定取引、 同じく金融の後半人生は証券会社を起業し、日本初の投資信託専業の会社を立ち上げ。 また、40歳頃から大学の非常勤講師を引き受け、教育と証券市場の実証研究も行ってきた。

<主な著書> 「ダマされたくない人の資産運用術(青春新書)」、「投資信託超活用術(青春出版)」、 「社会福祉法人の財務戦略(筒井書房)」、「あなたにも5000万円たまる信じられない仕組み」

<講演テーマ>

20××年世界経済とアベノミクス日本の行方

当面世界経済をリードする米国、今最大のリスク要因となる中国。 日米・日中関係から日本経済の行く末を分析します。

これで今日から貴方もエコノミスト

景気予測、市場予測に必要な経済統計の読み方をご指導させていただきます。 新入社員向けに行っている”日本経済新聞の読み方”も好評です。

資産運用の不安を安心に変えるたったひとつだけのポイント

投資家のほとんどは投資で失敗しています。脳科学から投資家が失敗に陥る罠を解明し、誰でも成功できる唯一の方法を教授させていただきます。30年にわたるトレーダー、市場研究の末に体得したこの方法は、聞いていただいた方のほとんどは目から鱗と喜んでいただいています。

<参考URL> 表示文字列

<講演料> 応相談

 

あら かずお

荒 和雄 (あらかずお) 経済評論家・作家・中小企業診断士・ブレーン・サービス・フォーラム主宰

<メッセージ> 事業も人生も三冠(感)を狙おう!「感動」、「感謝」、「感性」がキーワード。いますぐ役立つ具体的な話を伝授いたします。

<経歴>

東京生まれ 早稲田大学法学部卒業 東京都民銀行に入行、日本橋支店等数ヵ店の支店長を経て独立 有限会社ブレーン・サービスを設立する ブレーン・サービス・フォーラム(若手経営者塾)を20年間主宰

昭和51年度優秀中小企業診断士賞を受賞している。

<主な活動> <作家> 全国の金融機関・証券会社・生命保険・各地の法人会・商工会議所など中小企業指導団体の講師を務める。著作は150冊を超える。

<主な著書> 「銀行マンの掟」 講談社 (1999/10) 「図解 だれでもわかるビッグバン」 読売新聞社 (1997/06) 「上手な事業継承」 ダイヤモンド社 (1995/04) 「崩壊メインバンク」 小学館 (2001/06) 「金利危機」 角川春樹事務所 (2005/04) 「銀行人事部崩壊」 角川春樹事務所 (2005/05) 「挑戦―東アジア経済統合・共通通貨への道」 角川春樹事務所 (2006/05) 他 合計150冊以上

<講演テーマ>

格差社会を生き抜く会社の守り方・攻め方

都市と地方、大企業と中小企業など各分野で格差が拡大している中、格差社会を生き抜くさまざまな事例をやさしく解説しながら、大事な会社の守り方・攻め方を講演します。

成功する二代目、三代目経営者の条件

若手経営塾を20年間主宰。多くの優れた経営者を育成した秘訣を、具体例をもって解説します。「守成は創業より難し」は工夫次第!

ときめきこそ人生最大、最良の成功術

一度しかない大切な人生、どう過ごしますか?時を味方にしてこそ成功の糸口。時間、人づきあい、マネー、自己実現などについて豊富な人生経験から楽しい話を披露。

日本経済、金融 これからどう動く

元銀行支店長の立場から、メガバンク、金融再編成、投資信託万能時代、金融機関と どう取引を進めるか、いま金融機関内部で起こっていることを解説しながら上手な取引(借入れと運用)の仕方を伝授します。

<講演料> 応相談