えもとたけのり

江本 孟紀 (えもと たけのり) プロ野球解説者

<メッセージ> 挫折、出会い、プロ野球や参議院議員を経験して感じたことや裏話など、 ご希望に応じた内容のお話しをさせていただきます。

<経歴> 1947(昭和22)年7月22日 高知県生まれ 1963年 4月 高知商業高校 入学 1966年 4月 法政大学 経営学部 入学 1970年 4月 熊谷組 入社(社会人野球) 1971年 2月 東映フライヤーズにドラフト外で入団 1971年12月 南海ホークスへ移籍、16勝をマーク ※1973年 日本シリーズ出場(南海VS巨人) 1976年12月 阪神タイガースへ江夏投手とのトレードで移籍 1981年 8月 阪神タイガース退団 ☆プロ通算成績(投手)113勝126敗19セーブ、開幕投手6回、オールスター出場4回(5回選出) 1992年 7月 参議院議員初当選 1994年    日本プロ野球ОBクラブを立ち上げ事務局長に就任 1998年 4月 文部科学省より公益法人としての認可を取りつけ、 プロ野球ОBクラブは社団法人全国野球振興会へ 1998年 7月 参議院議員再選 2001年 1月 参議院 初代 内閣委員長(~9月) ※その他、文教科学委員会 理事、環境委員会、外交防衛委員会、 災害対策特別委員会 理事、国会等の移転に関する特別委員会 理事 等を歴任 ※野球振興議員連盟 事務局長、スポーツ議員連盟 役員、校庭緑化(芝生化)議員連盟、 憲法調査推進議員連盟 他 2004年 1月 大阪府知事選挙出馬後、参議院議員を離職 2004年11月 アメリカ独立リーグ初の日本人チーム「サムライベアーズ」立ち上げに協力 2005年11月 クラブチーム「京都ファイアーバーズ」を立ち上げ、監督に就任 ~2006年8月 2006年 3月 クラブチーム選抜メンバー「Clubチャレンジニッポン!」を結成しアメリカ遠征 2007年 4月 タイ国ナショナルベースボールチーム 総監督に就任し北京五輪アジア予選に出場 2010年 7月 参議院議員選挙 比例区で出馬 2010年 4月 法政大学 スポーツ健康学部「スポーツと政治」「スポーツ政策論」講師~2014年3月

<主な活動> ○ プロ野球解説者 ・フジテレビ   『すぽると!』※毎週土曜日レギュラー、『プロ野球中継』 ・ニッポン放送  『ショウアップナイター』 ・サンケイスポーツ『エモやんの舌好調』『週刊エモト(関東版)』    etc ○ そ の 他 ・高知県観光特使            ・阪神タイガースOB会 役員 ・日本カジノディラーズ協会 会長

<主な著書> 「プロ野球を10倍楽しく見る方法」   KKベストセラーズ ※約500万部売り上げベストセラー 「マンガ日本政治入門」         あおば出版 「職業としてのプロ野球解説者」     サンガ新書 「プロ野球経営が破綻するこれだけの理由」産経新聞出版 「野村克也 解体新書」          無双舎 「『アホ』がプロ野球を滅ぼす」      KKロングセラーズ 「星野仙一にみる名将の条件」      双葉新書         計68冊

<講演テーマ>

☆ プロ野球おもてうら ☆ プロ野球を10倍楽しく見る方法 ☆ プロ野球よもやま話 ☆ プロ野球ウォッチング ☆ 女性に捧げるプロ野球 ☆ エモやんのいきいき野球放談 ☆ 江本孟紀の熱き語らい ☆ 野球雑談 ☆ 挑  戦 ☆ スポーツを通じて得た経験 ☆ 参議院議員12年を経験して・・・

など

<参考URL> EMOYAN.COM(江本孟紀HP) 江本孟紀 エモやんの”いごっそう”日記

<講演料> 応相談

ベンジャミン・フルフォード

ベンジャミン・フルフォード ジャーナリスト・元「フォーブス」アジア太平洋支局長

<参考URL> Benjamin Fulford HP

<講演料> 応相談

かわじょうしか

川条 しか (かわじょう しか) 前衆議院議員・PHP総合研究所特別研究員・(有)ひよこぴよ企画代表取締役

<メッセージ> 歌とトークで、政治について考えてみませんか。政治は遠いところにあるものではありません。 すこしの時間お付き合いいただき、政治を「面白い」と思っていただくお手伝いをさせてください。

<コメント> シンガーソングライター、会社社長、松下政経塾塾員、前衆議院議員、という異色の経歴。 歌で平和をと願った二十歳代。同時多発テロに触発され、政治の道へ。 同年代の女性の家庭と仕事の葛藤に共感したことから「家事・育児に経済評価を」という意識 に目覚める。国政の四年間は「すべてを国家国民のために」と音楽をやめ、議員活動に全力 をあげていた。2009年の政権交代選挙で落選、捲土重来を期し、大阪市阿倍野区東住吉区 平野区で政治活動。封印した音楽活動も再開。「アンペイドワークの経済評価」の普及活動に もつとめている。

<講師からのコメント> 歌とトークで、政治について考えてみませんか。政治は遠いところにあるものではありません。 でも、しがらみのないクリーンな政治にかえていくためには、長い道のりと、皆さんの意識改革 が必要です。すこしの時間お付き合いいただき、政治を「面白い」と思っていただくお手伝いを させてください。少子化対策、難病・臓器移植・医療などの厚生労働関連、新経済成長戦略、 食育、動物愛護、美術評論と社会現象、などの話題と音楽にお付き合いください。

<経歴> 1988年 大阪府立北野高等学校卒業 1995年 サンミュージック・スプラッシュドリームオーディション歌手部門優秀賞受賞 1996年 東京大学教養学部教養学科第一人間行動学分科卒業 2003年 財団法人松下政経塾入塾 2004年 財団法人松下政経塾早期終了 2004年 参議院選挙出馬 2005年 有限会社ひよこぴよ企画設立 2005年 政党職員後、第44回衆議院議員総選挙で大阪二区より当選 2006年 財団法人松下政経塾卒塾 以後塾員 2007年 PHP総合研究所特別研究員 2009年 第45回衆議院議員総選挙で苦杯を喫し現在政治活動中

<主な活動> シンガーソングライター、会社社長、松下政経塾塾員、前衆議院議員

2009年の政権交代選挙で落選、捲土重来を期し、大阪市阿倍野区東住吉区平野区で 政治活動。封印した音楽活動も再開。「アンペイドワークの経済評価」の普及活動にも つとめている。

<主な著書> 論文「子育てに経済価値を認めよう」(PHP voice 2009/01/10)

<講演テーマ>

■アンペイド・ワークって知っていますか。

少子高齢化時代の女性のために必要な政策と、取り組みを解説する。アンペイド・ワークと 呼ばれる家事・育児・介護などに、経済価値を認識することが、晩婚化・未婚化解消への第 一歩になることを話します。

■うちのふくちゃん

ペットとともに生きることを通じて、動物愛護も考えてみませんか。 ご希望があれば、「うちのふくちゃん」もカラオケ持参で歌わせていただきます。

■資源のない国、日本の国家戦略

観光立国構想、新経済成長戦略などの資源を持たない国日本の未来戦略について語り ます。

■うち、届かん声を届けたいんや・・・

議員生活の四年間で取り組んだ、難病対策、原爆症認定、臓器移植改悪反対などの厚生 労働政策について語ります。医療制度改革の問題点、当時与党だった自民党内での認識と 取り組みについても語ります。

<参考URL> 川条しか公式サイト

<講演料> 500,000円(応相談)