hirai_motoyuki

平井 基之(ひらい もとゆき) 受験戦略家

<メッセージ> 武田信玄・安田善次郎・人生に役立つ勉強法

<コメント>

同じ授業を受けていても成績が上がる子と上がらない子がいます。つまり先生や授業よりも子供が授業を生かせるかどうかが大切です。しかし、良い授業の受け方を教える先生はいません。 計算ミスをするな、と指導する先生はいても、計算ミスの減らし方を教えられる先生はいません。 このように学校では教えてくれないのに、大事なことはたくさんあります。 私は、この部分を徹底して教える仕事を続けています。

勉強とは本来、人生に生きる事を学ぶことです。大人になって忘れてしまう勉強をするよりも、人生でずっと生かせる学びが出来る勉強法を身に着ければ人生が変わります。

<経歴> ・東京大学 理科一類 入学 ・東京大学 教育学部 卒業 ・(株)早稲田アカデミーにて、東大必勝講座担当 ・富士学苑高校 教員 ・東京大学 文科三類 合格

<主な活動> 高校生の時から、現在の学校教育の問題点を感じ、自分のメソッドを確立するため、現役で東京大学の理科一類に入学。塾講師と高校の教員を4年ずつ経験し、プロの家庭教師で独立。受験業界の常識を変えるには受験を最も極めなければならないと思い、東大文三合格を一年で果たして、東大を文理両方合格を達成した。既存の方法に捕らわれない自由な指導法を展開し、新たな教育の道を作り続けている。

<講演テーマ>

歴史に学ぶリーダーシップ講座 『武田信玄』

戦国時代最強と呼ばれた武田信玄についえ60分で話します。壮絶な人生と、いくつかの戦を紹介して、『勝ち』とは何かの哲学を深めます。勝ち方にこだわった常勝軍団は、いかにして戦に勝っていたのか。歴史を紐解き現代に通じる勝ち方を学びましょう。

歴史に学ぶリーダーシップ講座 『安田善次郎』

安田財閥の創始者である安田善次郎は日本史上最高の資産家と言えます。しかし生活が非常に質素であったため、世間からはケチ、守銭奴とバッシングされていました。但しこれは安田の表の顔に過ぎません。裏にひそむ隠れた安田流の哲学をご紹介!

東大文理合格した私の勉強法

文理両方で東京大学に合格した私の勉強法を全てご紹介!良い勉強法、悪い勉強法とは?成績の上がる仕掛けの作り方、一切勉強しなくても成績が上がる方法など、知らなかった勉強法に触れると、あなたもすぐに勉強したくなる事でしょう。

<講演料> 応相談

えもとたけのり

江本 孟紀 (えもと たけのり) プロ野球解説者

<メッセージ> 挫折、出会い、プロ野球や参議院議員を経験して感じたことや裏話など、 ご希望に応じた内容のお話しをさせていただきます。

<経歴> 1947(昭和22)年7月22日 高知県生まれ 1963年 4月 高知商業高校 入学 1966年 4月 法政大学 経営学部 入学 1970年 4月 熊谷組 入社(社会人野球) 1971年 2月 東映フライヤーズにドラフト外で入団 1971年12月 南海ホークスへ移籍、16勝をマーク ※1973年 日本シリーズ出場(南海VS巨人) 1976年12月 阪神タイガースへ江夏投手とのトレードで移籍 1981年 8月 阪神タイガース退団 ☆プロ通算成績(投手)113勝126敗19セーブ、開幕投手6回、オールスター出場4回(5回選出) 1992年 7月 参議院議員初当選 1994年    日本プロ野球ОBクラブを立ち上げ事務局長に就任 1998年 4月 文部科学省より公益法人としての認可を取りつけ、 プロ野球ОBクラブは社団法人全国野球振興会へ 1998年 7月 参議院議員再選 2001年 1月 参議院 初代 内閣委員長(~9月) ※その他、文教科学委員会 理事、環境委員会、外交防衛委員会、 災害対策特別委員会 理事、国会等の移転に関する特別委員会 理事 等を歴任 ※野球振興議員連盟 事務局長、スポーツ議員連盟 役員、校庭緑化(芝生化)議員連盟、 憲法調査推進議員連盟 他 2004年 1月 大阪府知事選挙出馬後、参議院議員を離職 2004年11月 アメリカ独立リーグ初の日本人チーム「サムライベアーズ」立ち上げに協力 2005年11月 クラブチーム「京都ファイアーバーズ」を立ち上げ、監督に就任 ~2006年8月 2006年 3月 クラブチーム選抜メンバー「Clubチャレンジニッポン!」を結成しアメリカ遠征 2007年 4月 タイ国ナショナルベースボールチーム 総監督に就任し北京五輪アジア予選に出場 2010年 7月 参議院議員選挙 比例区で出馬 2010年 4月 法政大学 スポーツ健康学部「スポーツと政治」「スポーツ政策論」講師~2014年3月

<主な活動> ○ プロ野球解説者 ・フジテレビ   『すぽると!』※毎週土曜日レギュラー、『プロ野球中継』 ・ニッポン放送  『ショウアップナイター』 ・サンケイスポーツ『エモやんの舌好調』『週刊エモト(関東版)』    etc ○ そ の 他 ・高知県観光特使            ・阪神タイガースOB会 役員 ・日本カジノディラーズ協会 会長

<主な著書> 「プロ野球を10倍楽しく見る方法」   KKベストセラーズ ※約500万部売り上げベストセラー 「マンガ日本政治入門」         あおば出版 「職業としてのプロ野球解説者」     サンガ新書 「プロ野球経営が破綻するこれだけの理由」産経新聞出版 「野村克也 解体新書」          無双舎 「『アホ』がプロ野球を滅ぼす」      KKロングセラーズ 「星野仙一にみる名将の条件」      双葉新書         計68冊

<講演テーマ>

☆ プロ野球おもてうら ☆ プロ野球を10倍楽しく見る方法 ☆ プロ野球よもやま話 ☆ プロ野球ウォッチング ☆ 女性に捧げるプロ野球 ☆ エモやんのいきいき野球放談 ☆ 江本孟紀の熱き語らい ☆ 野球雑談 ☆ 挑  戦 ☆ スポーツを通じて得た経験 ☆ 参議院議員12年を経験して・・・

など

<参考URL> EMOYAN.COM(江本孟紀HP) 江本孟紀 エモやんの”いごっそう”日記

<講演料> 応相談

よしだまりこ

吉田 万里子 (よしだ まりこ) 女子プロレスラー ・ 女子プロレス「息吹」プロデューサー

<メッセージ> 私の色々な経験が皆さんのお役に立ち、皆さんと一緒に明るくアグレッシブな 日々を過ごせることが出来たら嬉しいです。

<コメント> 女子プロレス界という特殊な世界で特殊な経験をたくさんしました。

プロレスと同じように皆さんにパワーやエネルギーを与えられたらと思います。

<経歴>

1988年のデビュー後、1992年には頚椎損傷し、長期休場を強いられる。医師に引退を勧め られるも、約2年もの間、再びリングに立つために地道な努力を続け、無事に復帰を果たす。

現在は現役プロレスラーとして活躍するとともに、自主興行「息吹」のプロデューサーとして 若手が切磋琢磨し活躍できる場を創っている。 低迷する女子プロレスにおいて次世代を担う若手を育成する指導者として、所属レスラーの マネージャーとして、興行の主催者として、自身も一選手として活躍する吉田選手の評判は 高い。

<団体歴> 1988年        全日本女子プロレス デビュー 1997年~2003年    アルシオン 2003年        AtoZ 2003年~       フリー 2005年~       エスオベーション

<タイトル> 初代クイーン・オブ・アルシオン ツインスター・オブ・アルシオン CMLL世界女子 全日本シングル 全日本タッグ APW CHICK FIGHT CHAMPION

<主な活動> 数々の試合に出場すると共に、女子プロレス大会「息吹」の主催者として活躍している。

<講演テーマ>

■イメージすることで夢は叶う~引退の危機からの復活~

女子プロレスラーを目指したきっかけ、入門してからの辛い特訓や上下関係の厳しさ、 さらには引退の危機とまでなる怪我を経験し、復帰を目指し約2年もの間、努力を続けて 得た経験。その願いが叶った原動力とは何か。

■格闘技の聖地「後楽園」までの道のり

高校を卒業してすぐに女子プロレスへの道へ進み、身体を鍛えることとプロレスのことしか 考えてこなかった中、若手を育成するための自主興行「息吹」を旗揚げ。2周年記念には 格闘技の聖地と呼ばれる「後楽園」での開催が実現。その道のりにあった困難と喜び。

■教えながら学ぶこと~これからの夢・目標~

指導者として、マネージャーとして、イベントのプロデューサーとして若手選手と接して いく中で感じることや、自身が学んだことは何か。そして、今後の更なる目標とは。

<参考URL> 吉田万里子『蜘蛛絡み雑記帳』 吉田万里子プロデュースプロレス「息吹」

<講演料> 応相談

にしもとせいいちろう

西本 誠一郎 (にしもと せいいちろう) 株式会社めぐみ堂 代表取締役 株式会社シェルター 代表取締役

<メッセージ> 裸一貫から基盤・将棋盤業界トップに登りつめるまでの半生を直木賞作家の笹倉明氏が 小説「聖書と旅した商人」と題して執筆。全国書店で3万部を突破。 現在、各地の商工会議所で講師として活躍中。

<コメント> 裸一貫から基盤・将棋盤業界トップに登りつめるまでの半生を直木賞作家の笹倉明氏が 小説「聖書と旅した商人」と題して執筆。全国書店で3万部を突破。 現在、各地の商工会議所で講師として活躍中。他にロータリークラブ、JTBカルチャーサロン、 公立中学、高校、大学(東京大学も含む)、少年院、刑務所で講演。 海外では韓国、米国、ドイツなどでも講演活動多数。

<経歴> 1936年 高知県生まれ 1952年 大阪にて10年間、囲碁・将棋メーカーに勤務。 1963年 西本商会を創業。後に株式会社めぐみ堂に改称。 1971年 基盤・将棋盤業界トップとなる。 1975年 株式会社めぐみ住宅を設立。 1980年 天恵建設株式会社、めぐみ住宅株式会社を設立 その後、ヨーロッパよりシェルターの輸入販売を始める。 耐震・防災を事業とする株式会社シェルターに社名変更。 1999年 竹村健一氏が西本誠一郎の自宅核シェルターモデルルームを視察。 2002年 日本文化振興会より社会文化功労賞を受賞。 2007年 株式会社シェルターに地震対策耐震構造部門を設立。外付補強金具販売開始。 現在、テレビ・雑誌・新聞の取材を月15回以上受け、イベント・講演会でも活躍中。

<主な活動> 各地の商工会議所で講師として活躍中。他にロータリークラブ、JTBカルチャーサロン、 公立中学、高校、大学(東京大学も含む)、少年院、刑務所で講演、 海外では韓国、米国、ドイツなどでも講演活動多数。

【メディア出演】 ・久米宏「ニュースステーション」 ・宮尾すすむの「日本の社長」 ・たけしのテレビタックル ・ニュースの森 ・田森のジャングルテレビ ・NHKニュース ・日経、朝日、読売、毎日、産経、他 各地方紙多数 ・TIME、AERA、財界公論、経済界、週刊朝日、週刊新潮

<主な著書> 笹倉 明 著「にっぽんの実業家列伝 西本誠一郎『聖書と旅した商人』」 平野 誠 著「信念を貫いたこの7人のビジネス戦略」

<講演テーマ>

■こんな社長が日本にいる「裸一貫から業界日本一へ」

病魔に倒れた父の死に始まる暗い時代から、碁盤・将棋盤製造販売で 業界ナンバー・ワンの座を占めるまで人生の目的と真理を求めつづけた 実業家西本誠一郎の半生。 この真実の物語を通じて、人間の持つ底知れない可能性、能力の奥深さを感じとり、 生きていく知恵と勇気を得ることだろう。

■心と体と経済の健康「幸福への三つの柱」

人々が求める幸福な人生とは?何故不幸な人生を終える人が多いのか? その答えは、その人の持つ人生観・価値観・考え方にあります。 それは健全な心と体と経済がその基本になります。 私は10才の時、父が天然痘で死に、10人の子供を育てる母が苦労する姿の中で 精神を病み、強盗を犯す寸前まで追い込まれましたが、自らの体験を通して 人生の幸福と目的を熱く叫び続けています。

<参考URL> 株式会社めぐみ堂

<講演料> 100,000円(応相談)

つぎやたえこ

次屋 妙子 (つぎや たえこ) ミューズNETプランニング代表

<メッセージ> イベント制作や番組制作のディレクターとして主に「演出」を得意としています。 プラネタリウムやコンサート等ではナレーションも担当。 「写真は写心」を信条とするフォトグラファーとして、 女性のポートレイトも数多く手掛けています。 35歳を過ぎてから学校に通い「なりたかったもの全てになれた歓び」を お伝えできたらと思っております。

<コメント> コメント

<経歴> 池袋サンシャインプラネタリウムの人気番組「スターライトヒーリング」でナレ担当 池袋サンシャインで初個展「次屋妙子写真展――春の色あそび展」を開催 高島屋二子玉川店の「TORAJI」のソファは、撮影を担当した花の写真が転写されたもの 六本木ヒルズで「サクセスウーマン講座」を13回プロデュース。人気投票1位。 「美人スタイルhyakka」の番組ディレクターとして、企画構成・演出を担当

<主な活動> 大手イベントスクールを首席で卒業後、数多くのイベントを手掛けている。 現在、六本木ヒルズで女性のための キャリアアップ講座「夢をかなえる大人の学校――サクセスウーマン講座」をプロデュース。 女性の活躍を追ったドキュメンタリー番組を企画制作する番組ディレクターとしても 新たなワークプロジェクトを展開している。

<講演テーマ>

■夢への挑戦に手遅れはない

7年間の専業主婦を経て35歳から学校に通い、なりたかったもの全てになれた 「夢の叶え方」「運の引き寄せ方」などをお伝えできたら、と思っております。

<参考URL> 次屋妙子オフィシャルブログ

<講演料> 応相談

せきぐちしん

関口 伸 (せきぐち しん) アナウンサー/ ナレーター/ 声優/ ナレータースクール講師

<メッセージ> 夢を持つ大切さ・叶える努力と喜びをお伝えします。

<コメント> アナウンサー・ナレーター・声優を中心にテレビ界の仕事についてお話いたします。 ナレータースクールを主宰。本気でメディア業界を目指す方々に言葉を伝える楽しさや 魅力をお話します。

<経歴> 1959年 静岡県伊豆市(修善寺)生まれ。 1982年 日本大学芸術学部放送学科卒業 1982年 テレビ岩手入社(丸7年勤務) 1989年 フリーとなり、『平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国』でナレーターとして       名を馳せる。 1991~2008年 TBS『ブロードキャスター』ナレーション 1992~2006年 テレビ東京『TVチャンピオン』ナレーション 1997~2006年 日本テレビ『どっちの料理ショー』ナレーション 2005~2007年 日本テレビ『天才!志村どうぶつ園』ナレーション 2009~2010年 日本テレビ『おもいッきりDON!(月~金)』ナレーション 2012年~現在 フジテレビ『ノンストップ!(月~金)』ナレーション

<主な活動> 主な出演番組一覧 『ノンストップ!』(月~金) 『ブロードキャスター』(お父さんのためのワイドショー講座・7days) 『TVチャンピオン』/『どっちの料理ショー』/『天才!志村どうぶつ園』 『チェック!ザ?NO1』/『バクマン』/『クイズモンスター』/『S-1グランプリ』 『24時間テレビ』/『世界のスクープ映像』/『サタデーバリューフィーバー』 『おもいッきりイイ!!テレビ』/『おもいッきりDON!』/『DON!』 『THEワイド』/『MADE IN BS JAPAN』/『賢者の選択(ザ・メッセージ)』 『ウエディングベル』/『平成名物TV?三宅裕司のいかすバンド天国』 『スーパーニュ-ス』/『北野タレント名鑑』(出演)/『スーパーJチャンネル』 『土曜スペシャル』/『日曜ビッグバラエティ』/『いきなり!黄金伝説』 『ハプスブルク帝国3つの愛の物語』/『地球アゴラで世界一周』 『ジェネレーションY』/『どっちの料理ショーRETURNS 2007』 『男女逆転『大奥』奥の奥まで徹底解剖スペシャル!』 『徹底追跡!糖尿病がわかるテレビ』/『世界スゴ腕修理人列伝』 『水戸黄門1000回SP』/『たけしのコマネチ大学数学科60分スペシャル』 『世界がもし100人の村だったら』/『スーパータイムSP』『花王名人劇場』 『報道特捜!』/『私をドライブに連れてって』/『海ペダル山ペダル』 『テストザネイション』/『世界の子供がSOS!THE☆仕事人バンク』 『朝はビタミン!』/『お菓子オモシロ大事典』 『ザ?グレートシニアshow』(テレビ大阪:ATPテレビグランプリ2006優秀賞) 『徳光のTVコロンブス』リポーター/『依頼人X』 『有名芸能人があのお仕事に挑戦します』/『なにコレ?』 『THE楽屋弁当伝説』/『ニュージーランド紀行』/『健康トリプルアンサー』 『ドクターズ?アイ医者がすすめる専門医』/『おんなの不況満喫大作戦「家セレブ」の道』 『BSデジタル号がゆく!ブルートレイン九州一周の旅』/『ケイタイお取り寄せカタログ』 『熱討ちゅうごく』/『若返り!?年齢クリニック2時間SP』/『韓国!なかよし女優旅』 他多数

CM(ナレーション・出演) 『小林製薬』(出演)/ 『そば焼酎 雲海』(出演)/ 『SUNTORY黒酢にんにく』 『東京ウォーカー』/ 『YAMAHA』他多数

講演 『埼玉女子短期大学 特別講演』 / 『日大三島高校 卒業特別記念講演』

その他 劇場公開映画 /Vシネマ ケーブルテレビ出演/ VPナレーション/ BeeTV 他多数

<主な著書> 主な著書(無い場合は消す)

<講演テーマ>

■ナレーターから見たテレビ界

テレビ界は、笑いと涙そして感動の繰り返しです。 有名俳優、タレント、MCの知られない素顔、視聴率に一喜一憂し、 営業に四苦八苦するテレビ局の裏話もたっぷりとお話し致します。

■ テレビ番組が出来るまで

企画から制作、放送に至るまで、ひとつのテレビ番組には大勢の人々が関わっています。 プロデューサー、出演者から技術スタッフ、局営業社員に至る仕事や役割、 そして苦労話など、テレビ番組ができるまでの全部を披露します。

■テレビ界での仕事

アナウンサー、ナレーター、そして俳優、声優を中心に、テレビ界での仕事について お話しします。一見華やかな裏で競争の激しいテレビ界、そこで仕事を行っていくために 必要なものは何かをお話しします。

■ナレータースクールの講師として

現在、ナレータースクールにて講師をしています。 ナレーター・アナウンサーを本気で目指している若者の個々の魅力を最大限に引き出し、 ナレーションの基礎とオモシロさを教えています。 ナレーションの楽しみやコツなどをお話し致します。

<参考URL> 株式会社酒落

<講演料> 20万円(応相談)

くぼひろし

久保 浩 (くぼ ひろし) 台場一丁目商店街 自治会長兼プロデューサー ㈱サンライズエンターテイメント取締役会長

<メッセージ> 「昭和レトロビジネス」の先駈け&トップランナーとして約10年間活動してまいりました。 最近では外国観光客からも「昭和レトロビジネス」の先駈け&トップランナーとして約10年間 活動してまいりました。最近では外国観光客からも欠けているもの、必要なものが見えてきます。 日本中を「昭和レトロ」で元気にしませんか!?

<経歴> 1979年 ㈱ニチイ(現マイカル)入社 販売促進 店舗企画などに従事 1990年 同社退社 商業系の企画コンサル、プロデュースを始める 1997年 沖縄県産業アクションプログラム企画委員拝命 1999年 昭和レトロビジネス第1号店を渋谷、新宿のファッションビルに開業。取材が殺到 2002年 東京お台場に約1000坪のレトロモール「台場一丁目商店街」をプロデュース

<主な活動> 台場一丁目商店街にてデベロッパーとともに同施設を企画運営。 年間1000万人前後の集客を誇る。 また、年間50校以上の修学旅行生に「昭和講義」と「体験学習」を実施中。

TV、雑誌、新聞では多数取上げられている。

<講演テーマ>

■昭和レトロで日本を元気に!

昭和レトロビジネスの現場で体験した事実、経験を基に、昭和文化の重要性の分析と ともに現代社会の問題点を指摘。未来を信じられる時代を取り戻せるか?

■昭和レトロで地域、商店街の活性化を!

どの地域、地方にもある何気ない歴史、伝説を再発見。 誰でも出来る「昭和レトロテーマパーク」の作り方を伝授。

<講演料> 応相談

講師名

江村 林香 (えむら りか) 株式会社エアトランセ 代表取締役社長

<メッセージ> 大きな世界、大企業に入ることを目標としているのではなく、凡人の能力で一番になれるところを 自分で見つけて、あえてそこに身を置き、成功するパターンをつかむ。

<コメント> 経営不振に陥った航空会社を引き継ぎ、日本初の女性航空会社の社長となる。 数々の会社を立ち上げ成功させ、現在は2児の母として、社長として活躍している。

<経歴> 昭和63年 東洋短期大学 観光学科 卒業 (株)キャブステーション 入社 平成 6年  (株)キャブステーション 取締役就任 平成12年 (株)エルパ(音楽家派遣事業)設立、代表取締役就任 平成13年 (株)ヒューマンビーグル設立 取締役就任 (インターネットのバスタクシー手配) 平成14年 (株)アウトドアテクノロジー(東京、赤坂でハイヤー会社)設立 代表取締役 平成16年 (株)エアァシェンペクス(現・株式会社エアトランセ) 代表取締役就任

<主な活動> 日本商工会議所、JC、企業研修(GE、日本生命など)、過去三年で68回の講演・研修

<主な著書> 「まずは小さな世界で一番になる」かんき出版 (2006/03)

<講演テーマ>

■にわとりのあたま

まずは小さな世界で一番になる方法

■合コン、恋愛の科学

自分の理想の人に会い、結婚する方法を科学で解決する

<参考URL> エアトランセ 江村林香氏ブログ「にわとりのあたま」

<講演料> 20万円~