やたがいこういち

谷田貝 孝一 (やたがい こういち) 有限会社ジュントオル 代表取締役

<メッセージ> 自動車鈑金塗装工場を経営。職人として、今ある資産を有効に活用しながら、 新たな売上を作る仕組みを構築(経営革新)この仕組み(レンタルガレージ)を 全国にフランチャイズ展開し、たった一人で本部を運営主宰しています。

<コメント> 自動車鈑金塗装工場を経営。職人として、今ある資産を有効に活用しながら、新たな売上を 作る仕組みを構築(経営革新)この仕組み(レンタルガレージ)を全国にフランチャイズ展開し、 たった一人で本部を運営主宰する。講演・セミナーでは、自身が実践で創り上げ構築したノウ ハウを包み隠さず伝授。参加者からは、「ノウハウをしゃべる講師は始めて」、「偉い先生の机 上の空論や成功者の自慢話ではなく、”具体的な行動の方法”なので、今すぐにでも行動した くなる内容」と評判。 <経歴> 13歳で新聞配達を開始。5年間勤める。 1988年 5月 谷田貝自動車板金塗装開業 2001年10月 中小企業経営革新企業に承認される。 2002年 5月 有限会社ジュントオル設立。代表取締役に就任。 2006年10月 栃木県商工会連合会エキスパートに登録される。

<主な活動> 2006年 6月 NHK教育テレビ「ビジネス未来人」に出演。 2007年 3月 株式会社損保ジャパン滋賀県支部勉強会にて講演。 2007年11月 千葉県商工会連合会役員勉強会にて講演。

<主な著書> 集まっちゃうしくみ(つた書房)

<講演テーマ>

■今ある資産を有効活用した新たな売上を作る仕組みづくり(経営革新講演・セミナー)

「今ある資産」が宝に見えてくる視点の変え方。「今ある資産」を宝の持ち腐れにしない ための有効活用法。はじめの一歩から目標達成までの具体的な行動を事例を交えて伝授。

■少予算販促・集客「具体的な行動方法」を伝授。(小規模店実践セミナー)

ものづくりと商いの原点が理解できれば、お金を使わず明日から集客・販促可能。 集客・販促のはじめの一歩から目標達成までの具体的な行動を事例を交えて伝授。

<参考URL> 谷田貝孝一オフィシャルWebサイト

<講演料> 100,000円~(応相談)

ながやまさき

永谷 正樹(ながや まさき/strong> フードライター兼カメラマン

<メッセージ> 商工会議所や商工会、青年会議所等が手がけるイベントなどの事業は、 地域を愛する人々が地域のために開催しています。 しかし、人を集めるためのPRが足らず、身内だけのものになっています。 地域で眠っている観光資源を発掘して、メディアを使ってPRする。 結果、内外から多くの人々に足を運んでいただく。 疲弊する地方経済を救うヒントとなればこんなに嬉しいことはありません。

<コメント> フードライター兼カメラマンとして『おとなの週末』など多数の雑誌で活躍中。 また、豊富なグルメ取材の経験をもとに「食」をテーマとしたイベントの企画アドバイザーや 広報を務める。地域活性、町おこし、観光・新商品のPRに不可欠なメディア戦略など、 事例・ワークを交えた実践的セミナーも好評。

<経歴> 1969年 愛知県生まれ 1995年 広告制作会社、編集プロダクションを経てフリーに。       『宝島』(宝島社)、『週刊プレイボーイ』(集英社)など全国誌における       名古屋エリアの取材・撮影を一手に担う。 2002年 『おとなの週末』の名古屋エリア担当となったのをきっかけに       グルメ取材がライフワークとなる。 2007年 『一宮モーニング博覧会』企画アドバイザー兼広報担当就任。 2010年 『一宮モーニング推進委員会』推進委員就任、現在に至る。

<主な活動> 2009年3月/蒲郡青年会議所3月一般公開例会「学ぼう!ゼロからのまちづくり」         対象:一般及び青年会議所会員 2011年3月/平成22年愛知県ふるさと雇用再生特別基金事業・         観光情報発信能力強化総合対策事業業務「ニュースリリースの書き方講座」         対象:愛知県尾張地方及び三河地方市町村観光課・観光協会

<主な著書> 『大名古屋大観光』(2005年/イースト・プレス) 『どえりゃ~!!名古屋モーニング』(ネコ・パブリッシング) 『なごやめし』(メインライター/双葉社)

<講演テーマ>

■“メディアが取材したくなる”ニュースリリースの書き方

1.ニュースリリースとその掲載事例の紹介  2.観光情報発信におけるニュースリリースの重要性(講義) 3.ニュースリリースの書き方レクチャー(講義・実践)

■メジャー雑誌で活躍する料理写真家が教えるコンパクトデジタルカメラ料理写真教室

1.コンデジのメカニズム 2.コンデジの構え方 3.料理撮影のコツ

<参考URL> 取材屋(写真&文章)

<講演料> 応相談