よしむらかずなり

吉村 和就 (よしむら かずなり) グローバルウォータ・ジャパンGWJ代表/ 国連テクニカルアドバイザー

<メッセージ> あらゆる生命体になくてはならない水、 より多くの人に安全で豊富な水を届けたい、 それが私のライフワークです。 心に響く低音の語り口をお楽しみください。

<コメント> 日本を代表する水環境問題の専門家の一人。 国連本部勤務の経験を踏まえ、日本の環境技術を世界に広める努力を続けている。 その間多くの講演(英語、日本語)をこなし、また、関連 業界紙や専門誌に数多くの 寄稿をしている。

<経歴> 1973年 荏原インフィルコ㈱ 入社 (営業、企画、技術開発) 1994年 ㈱荏原製作所本社 経営企画部長 1998年 国連ニューヨーク本部・経済社会局・ 環境審議官 2001年 同時多発テロ後帰国、荏原製作所に復職 2005年 グローバルウォータ・ジャパン設立

<主な活動> 長年、大手エンジニアリング会社にて営業、開発、市場調査、経営企画に携わり、 環境分野ではゼロエミッション(廃棄物からエネルギーと資源創出)構想を日本に広げた。 国の要請により国連ニューヨーク本部に勤務、環境審議官として発展途上国の水インフラ の指導を行う。日本を代表する水環境問題の専門家の一人であり、国連本部勤務の 経験を踏まえ、日本の環境技術を世界に広める努力を続けている。その間多くの講演 (英語、日本語)をこなし、また、関連業界紙や専門誌に数多くの寄稿をしている。 また、NHKクローズアップ現代、TBS、テレビ東京、フジテレビ等で、水問題を国民に 判りやすく解説している。 水の安全保障戦略機構・技術普及委員長、 および経済産業省「水ビジネス国際展開研究会」の委員、環境省「水タスクフォース」委員、 外務省「水に関する有識者」委員など。 また若手の教育にも力を入れている。 麻布大学客員教授、千葉工業大学、工学院大学非常勤講師を務めている。

<主な著書> 水ビジネス・110兆円の攻防(角川書店) 日本人の知らない巨大市場・水ビジネス(技術評論社)、他多数。

<講演テーマ>

■水は国家の安全保障

世界は水不足に向けて、水の確保に動き出している。水資源に恵まれている日本人に 危機感はないが、食糧自給率の低さは、実は命取りになるのである。

■水と環境

かけがえのない地球環境の大切さを再認識するとともに、子どもたちの健全な育成に向けた 学校教育について、家庭・学校・地域ですべきこと、できることを考える。 ・地球環境は今、どうなっているのか。 ・家庭、学校、地域での具体的な取り組みを共有し、今後の活動に繋げていく。

■日本の水の課題、世界のビジネスへの展望

長く独自の歴史を辿ってきた日本の水事業。 民営化が可能になった今日、海外資本の参入といった新たな事業の展開が図られ始め、 国内の水事業は新たな局面に入っています。一方で、海外市場も活性化し競争が激化 しています。日本の水事業の特異性について、日本のこれまでの知見に海外市場参入の 観点を加えてお話します。

<参考URL> GLOBAL WATER JAPAN

<講演料> 420,000円~

教育関係:250,000円~(応相談)

よしざわともゆき

吉澤 知之 (よしざわ ともゆき) クリスタルエアー代表

<メッセージ> 行動して後悔するより、行動しないで後悔する方が耐えがたい。 「行動する勇気を持つことが最も尊いこと」 を伝えたいと思います。

<経歴> 1988年、アメリカ・アリゾナ州にて初フライト。 FAAプライベートとコマーシャルライセンス取得。 帰国後、国内自家用運航・フライトスクール常勤グランドインストラクター職を経て、 1999年再渡米。FAAフライトインストラクターライセンス取得と同時に、 アメリカでフライトインストラクター職に従事。現在に至る。

<講演テーマ>

■空に向かって。(夢を掴むために)

ヘリコプターパイロットの経験、ライセンス取得のインストラクターを通して、 経験から学んだことを分かりやすく伝えます。 技術、知識を教える一方で、ヘリコプターの操縦士として、 一個の人間としての人格形成も行っている指導の方法も。 ・夢に向かう勇気と目標 ・状況分析の勇気 ・引き返す勇気 ・私の指導方法 ・信頼関係 ・目標を明確に

<講演料> 応相談

みずたにけんじ

水谷 研治 (みずたに けんじ) 中京大学 大学院教授

<メッセージ> 日本経済のゆくえを探る。 目先の景気だけではなく、将来の問題も考え、対応を模索しよう

<コメント> ドル高是正を決めた85年のプラザ合意に先立ち、1ドル=240円当時に、「1ドル=150円の 世界」というレポートを出すなど、急激な円高やバブルの崩壊を予想したほか、 第3次遷都 論の火を付けたとも言われている。

<経歴> 1956年 名古屋大学経済学部卒業、東海銀行(現、三菱東京UFJ銀行)へ入行       経済企画庁、シティ銀行(ニューヨーク)へ出向       清水、秋葉原、八重洲、ニューヨークの各店長、調査部長、専務取締役を歴任 1984年 東海総合研究所(現、三菱UFJリサーチ&コンサルティング)社長、会長、理事長を歴任 1999年 中京大学 大学院教授。理事。経済学研究科長、MBA研究科長を歴任

<主な活動> 公務員制度調査会委員など政府関係の各種委員

■メディア出演実績 NHK   「日曜討論」「新サラリーマン・ライフ」等 TV朝日 「サンデープロジェクト」「朝まで生TV」「やじうまワイド」 フジTV  「報道2001」

<主な著書> 「日本経済 インフレの危機」(2007年 「銀行の錯覚」(2006年、PHP研究所) 「耐乏なくして再生なし」(2005年、東洋経済新報社) 「世界最強 名古屋経済の衝撃」(2005年、講談社) 「ドル大崩落」(1998年、PHP研究所) 他多数

<講演テーマ>

■日本経済のゆくえ

現状の問題点から将来の姿を展望し、対応策を示唆する。

■ドル相場のゆくえ

アメリカ経済の問題点を指摘して、将来の激動を予想する。

■名古屋経済 強さの秘密

世界が注目する名古屋経済の秘密に迫る。

<講演料> 500,000円

なかたけけんしん

中武 賢臣 (なかたけ けんしん) オリエンタルペトロリュウム(株) 代表取締役 エイチドット株式会社 代表取締役

<メッセージ> 一灯照隅 万灯照国 億灯照世

<講演料> 応相談

ながくらけいこ

長倉 圭井子 (ながくら けいこ) ケイ・ランゲージ・ラボ 代表  教育コンサルタント・コラムニスト・進路アドバイザー

<メッセージ> 異文化間教育に長年携わってきた経験を生かし、確かな学力をつけ向上させるために 何が必要なのかを助言し、コミュニケーションの取り方についての提言や、 異文化間でのことば教育に関する指導・相談を行います。 接客・サービス分野においても、質的向上と顧客感動を演出する“ことば”の表現力を磨きます。

<経歴> 2000年 慶応義塾大学文学部中国文学専攻卒業 2002年 東京中華学校小学部・中高部日本語教員 2003年 専門学校中野スクールオブビジネス専門課程教員       IAP Company Limited.研修講師 2004年 ケイ・ランゲージ・ラボ ことばの教室 主宰

<主な活動> 2004年ケイ・ランゲージ・ラボ設立。 同年マイクロソフト社「経革広場」コラム「自分スタイルで勝負しよう!」連載執筆。 その他コラム・エッセイの執筆活動を継続し、小学生から社会人までの 異文化間でのことば教育を中心に、ことばや教育・進路相談に応じている。

<主な著書> 2003年マイクロソフト社「経革広場」コラム「自分スタイルで勝負しよう!」連載執筆20回。 メルマガ「こどものにほんご!日記」他、コラム・エッセイ多数。

<講演テーマ>

■ビジネス現場で求められる“書く”という表現

社内・社外文書を問わず、ドキュメント・メール・FAXなどでの「書く表現」は、 毎日の業務で常に求められます。 書くことでの表現力向上で、 そのまま会社の顔となり、イメージアップに繋がるような秘訣を伝えます。

■SOHOで語学塾経営 ~継続する秘訣~

SOHOとして「ことばの教室 ケイ・ランゲージ・ラボ」を主宰する女性経営者の視点から、 人と人が触れ合う語学塾を「足元からの起業・創業」を継続する秘訣・ノウハウについて、 起業前からの軌跡・実体験を基に語る。

■外国籍児童・生徒の日本語教育~実践者の視点から~

現役日本語教師、日本語教室経営者、元中華学校教員の視点から、来日している 外国籍児童・生徒の日本語教育の現状と課題について語る。 さらにフォローの実際について、実践例を交えながらアドバイス。

■作文指導の実際~“書く”という楽しさ~
■児童・生徒対象!携帯電話マナーABC
■はじめの第一歩が大切!! ~増え続けるフリーター・ニートを防止するために~
■親力を育てよう!学力UPの秘訣~真の親力で、子どもの「生き抜く力」を育む~
■高校生・大学生のコミュニケーション力を磨く   ~複雑化社会で生き抜く大人の知恵を伝えよう!~
■今、子どもたちの悲鳴が聞こえてきます!    STOP!THE いじめ・自殺!教育相談の現場から
■ビジネスマンの日本語教育~美しい敬語・パフォーミング~
■ビジネス現場で求められる“書く”という表現
■外国人対象・ビジネス日本語研修~IT編・サービス業編~

<参考URL> ケイ・ランゲージ・ラボ

<講演料> 100,000円~要相談 (別途:交通費・宿泊費)