かとうまさき

加藤 正樹 (かとう まさき) 元日清食品ホールディングス(株) 知的財産部 部長

<メッセージ> 中小企業経営者のみならす、企業家、会社幹部、開発担当者など多岐にわたってもよい。 商品開発と知的財産のかかわりと、戦略的な知財経営という重要なテーマを潜在的に 求めている人を対象にしている。

<コメント> 業界40年の経験と実績をベースに、インスタントラーメンの発展の歴史と 知的財産と商品開発とのかかわりを通じて、知的財産経営という新しい視点から、 技術立国日本のあるべき姿を伝えたい。

<経歴> 1976年 日清食品株式会社 総合研究所商品企画課 1989年 同 法務課(後、法務部) 2008年 日清食品ホールディングス株式会社 知的財産部 2010年 同 法務部 2013年 同社退社

<講演テーマ>

日本が生んだ世界食 インスタントラーメン

企業にとって「ヒット商品」を生み出すことは容易なことではありません。 商品の企画・開発とそれを裏側から支える知財戦略や訴訟戦略、あるいは 侵害品や模倣品対策など、多くの難題や苦難を乗り越えていかなければなりません。 本セミナーでは世界食である即席めん誕生の歴史と「ヒット商品」の舞台裏に あった知財戦略の全てを分かりやすく説明します。

海外進出における知的財産管理    ~模倣問題に対する日本側がとるべき姿勢~

ここ近年、日本企業の海外志向は非常に強まっています。しかし海外に進出する際、 商品の質やアイデアで売り込む前に問題となるのが、知的財産権。商品やキャラクター、 ブランドネームばかりでなく、現地に工場や生産機能を持たせた場合、製造に関する 模倣のリスクも考えられます。特に中国・アジア圏の場合、きちんとした法整備をもって 自社の製品を守り、また現地の法事情も把握しておく必要があります。海外で知的財産を 守るためにはどうしたらよいか。国際競争力の強化法として“食品の知的財産権”の在り方に スポットをあてて講演いたします。

日本から世界市場へ ~大ヒット商品に学ぶ知財戦略~

開発から50年近くが経ち、日本及び世界の食品産業の地位を確立した即席めん。 その開発から世界的大ヒットまでには多くの困難がありました。 開発からロングセラーブランドとして確立した企業戦略について知財戦略を含めて講演します。  ヒット商品開発の舞台裏  日本から世界市場へ ~知財戦略を中心に  模倣品、不正競争事件への対応 ~事例を交えて

<講演料> 100,000~200,000円(応相談)

まつだようこ 松田 陽子 (まつだ ようこ) 株式会社OnePlanet・代表取締役

<メッセージ> 「この世に無駄な生命は一つもなく、それぞれが必ず使命を持って生きていけるはず。」 との信念のもと、自らの経験を通して、生きていることの素晴らしさを実感していただける 講演をさせていただいております。

<コメント> 子宮頸がん・うつ病・脳腫瘍を克服し、シンガーソングライターとして活躍中。 国連UNHCR協会 広報委員として、難民支援に尽力。チャリティーイベント等の 活動を通して、人と人との「つながり」の大切さや価値のない命は一つとしてな いことを、自分の経験を通して伝えていく講演は多くの共感と感動を呼んでいる。

<経歴> 1996年 渡米 ニューヨーク・ブロードウェイにて、シンガーとしてレギュラー出演 2002年 子宮頸がん発覚 手術後、再発の不安などから重度のうつ病に 2004年 うつ病を克服しシンガーソングライターとしての活動を再開 2007年 ボランティアグループself代表 2013年 国連UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)協会 広報委員

<主な活動> シンガーソングライター 国連UNHCR協会 広報委員 一般社団法人Stand for mothers 理事 京都光華女子大学 客員教授 ボランティアグループ self 代表

<主な著書> 生きてるだけで価値がある(サンマーク出版)

<講演テーマ>

生きるを伝える ~宿命を使命にかえて~

子宮頸がん・うつ病・脳腫瘍など、さまざまな「宿命」を背負って生き、 あるきっかけからそれが「使命」だったと気づく。病魔との戦いや目標を失わずに 人生を歩んできた体験を通じ“生きる”ということの素晴らしさ、尊さを伝える。

母は太陽 ~子育てに悩むお母さんへ~

自らの幼少体験、児童養護施設の子供たちとの触れ合いの中で感じた母の 偉大さを語る。また、子育てに悩むママたちへ母として心からのメッセージを伝える。

ひとつしかない故郷(ふるさと)に希望の光を

海外経験で感じた世界の厳しい現実と、国連UNHCR協会 広報委員として 現在活動している難民支援の運動を通し、世界中に存在する難民と呼ばれる 人々の現状と我々日本人が今できることを伝える。

<参考URL> 松田陽子公式ホームページ

<講演料> 応相談

おくやままさし

奥山 真司 (おくやま まさし) 地政学研究家

<メッセージ> 国際政治や地政学、そして戦略研究などから導き出した「究極の戦略理論」の分析・研究を しております。

<コメント> 「究極の戦略」、国際政治の秘密の「地政学」、そして「運」の研究をし、 著述、翻訳、講演などで幅広く活躍している。

<経歴> 2002年 カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学 哲学/地理学科卒業 2005年 イギリス レディング大学大学院 国際安全保障学科卒業 2006年 同大学院戦略研究学科博士課程在籍

1972年、神奈川県横浜市出身。山梨県在住。 日本で専門学校卒業後、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学卒業。 現在、英国レディング大学大学院戦略学科博士号課程在籍中。

<主な活動> 著述、翻訳、講演

<主な著書> <訳書> 戦略論の原点(J.C. ワイリー著、芙蓉書房出版、2010) 大国政治の悲劇(ジョン・J. ミアシャイマー著、五月書房、2007) 平和の地政学(ニコラス・J. スパイクマン著、芙蓉書房出版、2008)

<著書> 地政学―アメリカの世界戦略地図(五月書房、2004) “悪の論理”で世界は動く!(フォレスト出版、2010)

<講演テーマ>

■地政学・戦略学が教えてくれた「究極の戦略理論」

あらゆる戦略は2つのタイプにわけることができる?!戦略とは何か、そしてわれわれが 人生で成功していくためには一体戦略をどのようにとらえていけばいいのかをわかりやすく 解説。

■地政学の理論

国際政治を動かす基礎となっている禁じられた学問「地政学」を、おもに英米でひっそりと 教えられているものを下敷きにして、現在のアメリカの国家戦略を元にして日本の生きる道を さぐる。

■人間の「運」について

戦略で成功するためには「運」がなくては始まらない! 独自の研究によって会得した「運」についての分析や、 それをいかに向上させていけば良いのかを徹底解説。

<参考URL> 地政学を英国で学んだ

<講演料> 応相談