hirai_motoyuki

平井 基之(ひらい もとゆき) 受験戦略家

<メッセージ> 武田信玄・安田善次郎・人生に役立つ勉強法

<コメント>

同じ授業を受けていても成績が上がる子と上がらない子がいます。つまり先生や授業よりも子供が授業を生かせるかどうかが大切です。しかし、良い授業の受け方を教える先生はいません。 計算ミスをするな、と指導する先生はいても、計算ミスの減らし方を教えられる先生はいません。 このように学校では教えてくれないのに、大事なことはたくさんあります。 私は、この部分を徹底して教える仕事を続けています。

勉強とは本来、人生に生きる事を学ぶことです。大人になって忘れてしまう勉強をするよりも、人生でずっと生かせる学びが出来る勉強法を身に着ければ人生が変わります。

<経歴> ・東京大学 理科一類 入学 ・東京大学 教育学部 卒業 ・(株)早稲田アカデミーにて、東大必勝講座担当 ・富士学苑高校 教員 ・東京大学 文科三類 合格

<主な活動> 高校生の時から、現在の学校教育の問題点を感じ、自分のメソッドを確立するため、現役で東京大学の理科一類に入学。塾講師と高校の教員を4年ずつ経験し、プロの家庭教師で独立。受験業界の常識を変えるには受験を最も極めなければならないと思い、東大文三合格を一年で果たして、東大を文理両方合格を達成した。既存の方法に捕らわれない自由な指導法を展開し、新たな教育の道を作り続けている。

<講演テーマ>

歴史に学ぶリーダーシップ講座 『武田信玄』

戦国時代最強と呼ばれた武田信玄についえ60分で話します。壮絶な人生と、いくつかの戦を紹介して、『勝ち』とは何かの哲学を深めます。勝ち方にこだわった常勝軍団は、いかにして戦に勝っていたのか。歴史を紐解き現代に通じる勝ち方を学びましょう。

歴史に学ぶリーダーシップ講座 『安田善次郎』

安田財閥の創始者である安田善次郎は日本史上最高の資産家と言えます。しかし生活が非常に質素であったため、世間からはケチ、守銭奴とバッシングされていました。但しこれは安田の表の顔に過ぎません。裏にひそむ隠れた安田流の哲学をご紹介!

東大文理合格した私の勉強法

文理両方で東京大学に合格した私の勉強法を全てご紹介!良い勉強法、悪い勉強法とは?成績の上がる仕掛けの作り方、一切勉強しなくても成績が上がる方法など、知らなかった勉強法に触れると、あなたもすぐに勉強したくなる事でしょう。

<講演料> 応相談

よしのすぐる

吉野 秀 (よしの すぐる) ビジネス書作家、ウォーター・ユニット代表

<メッセージ> 書くこと・話すことをはじめとする表現力のアップは、相手に納得・合意してもらい、 ビジネスを成立・発展させる大きなポイントです。それを短期間でマスターできる術を伝授します。

<コメント> 企業の他、大学生・高校生を中心に幅広い講演活動を行う。 講演を行う際には「講演ポリシー」を大切にしている。

<講師ポリシー> 1.現状把握⇒課題発見⇒解決策考案⇒実行のメカニズム

できる表現者は伝えたいことが整理体系化されていて、ポイントが明確。 現状をしっかり把握し、何を課題に今すべきかを把握している。 ここに原点を置く受講者の課題を鮮明にし、解決策を考えて・実行させるメカニズム構築が 講師の役目。理論へ偏らず、現状を重視する姿勢が不可欠だ。

2. 支持・評価を受ける「6つの不」への着目 不安、不満、不便、不足、不備、不思議。

これらを解消すれば、ヒット商品・サービスが生まれる可能性は高い。 セミナーも同じで、聞き手が上記を解消できる水準を保たなければならない。 それには「6つの不」感覚を聞き手にいだかせないこと。長ったらしかったり、 言っていることがまったく分からないなどの不満をいだかせては支持・評価は受けられない。

3.言語反射神経(媚びない、ぶれない、そらさない)の向上

相手の発言へ間髪入れずに適切な表現をすれば、話題がかみ合わない危険性は低くなる。 「何か言ってよ」「黙っていたら時間の無駄」と指摘されたら、コミュニケーションには なっていないと考えたほうがいい。打てば響く「言葉の発信力」を身につけるために、 会話機会の拡充やトーク名人研究などを続け、熟した実を本番で落としたいところだ。

<経歴> 中央大学経済学部卒。 1985年~ 日経ホーム出版社へ入社。各雑誌の編集記者・編集長。 その後、複数の出版社で編集長を担当。 2002年 独立

<主な活動> 大手出版社で4誌の編集長を歴任。独立後は、自ら様々なテーマの書籍を出版しながら、 テレビのコメンテーターやラジオのパーソナリティ、新聞のコラムニストなどを務めるなど、 幅広い分野で活動中。

クレーム関連では「クレーマーシンドローム」、「お客さま!そういう理屈は通りません」、 「できる人の『書きかた』『話しかた』」などの書籍を出版している。 その他、ビジネス書作家、出版プロデュース、講演講師、塾講師としても活躍している。

<主な著書> 「『言い訳』がよい訳」(桃園書房) 「できる人の『書きかた』『話しかた』」(ソフトバンク クリエイティブ) 「クレーマーシンドローム」(サンガ新書) 「 お客さま!そういう理屈は通りません」(ベスト新書)

<講演テーマ>

■良い訳一つでクレームの90%はつぶせる

「フレーズ力」を身につけることで、トラブルやイレギュラーへの対応は難しくなくなります。 ロール・プレイングをまじえて、実践的な進行が特徴です。

■きちんと書けない人は、きちんと話せない

創造的な表現力を伸ばすことは、ビジネス範囲を広げる可能性をぐんと高めます。 短期間で書けるようになる、発想と技術を開示します。

■最新 ストレス・マネジメント

鬱々状態から脱出するためのテクニック。マイナスをため込まないため、 アウトプット型人間になるための条件を体系的にレクチャーします。

<講演料> 150,000円

みやざきさとこ

宮崎 聡子 (みやざき さとこ) シーズ・コンサルティング株式会社 代表取締役専務

<メッセージ> 仕事で欠かせない能力の一つが、コミュニケーション力です。 対顧客、対部下、対取引先等、私たちの周りは全方位、人です。 相手には相手の立場や考えがあり、自分の思うように行かないこともたくさんあります。 もし、私たちを取り巻く様々な人たちと、良好な人間関係を作ることができ、互いに良い影響力を 発揮できたら、仕事はいっそう面白くなるでしょう。 仕事を楽しみながら成果を出すお手伝いを、“コミュニケーション能力の開発”を軸に、 様々な講演や研修プログラムで強力にバックアップさせていただきます。

<コメント> 実践心理学(NLP)をビジネスで活用した草分け的存在。 著書「あなたから買いたいと言わせる営業の心理学」(現在は改訂版「お客様のココロを つかんで離さないNLP営業心理術」)がベストセラー(3万5千部)となった。 研修カリキュラムは、記憶力を向上させながら、その場でトレーニングする実践的スタイル。 ビデオを繰り返し使用する本格的ロールプレイング(客観的ロールプレイング)は、 受講者から「目からウロコ」とよく言われる。 自身の専門であるNLP(実践心理学の一種)とOD(集団力学から発展した組織論)を 使うだけでなく、営業・マネージャー経験で得た勘所も融合させてのプログラム開発と 研修運営は質が高い。 講演会は、エネルギッシュで、明快。 事例を交えながらの分かりやすい話は万人に受け入れられやすい。

資格:米国NLP協会公認マスタープラクティショナー

<経歴> 法政大学文学部卒業 JTB 海外旅行本社内支店 営業部勤務 大手コンサルティング会社で営業マネージャー経験後、コンサルタント部門へ移籍 1997年 シーズ・コンサルティング株式会社設立

<主な活動> JTB、大手コンサルティング会社で業績を上げ、最速でマネージャーに昇進。 業績低迷の拠点を立て直すことに成功。その後、人材育成のコンサルティングに携わる。 1997年、シーズ・コンサルティング株式会社を設立、代表取締役専務に就任。 クライアントは、自動車・住宅・保険・化粧品・建設・エネルギー・流通等、業界を問わず幅広い。 新聞・雑誌への執筆も多く、著書は20冊に及ぶ。 1冊を2週間で書き上げるスピードは、自他ともに認める筆の速さ。 創業時より、コミュニケーション力の向上をベースに、様々なプログラムやカリキュラムの 開発に力を入れてきた。 記憶力を向上させ、その場で練習する“超”実践的プログラム(客観的ロールプレイング等を 活用)を考案。 講師としても47都道府県全てを訪れており、多くの受講者と共に成果に 直結する研修・講演を行っている。

<主な著書> <著書> 「お客様のココロをつかんで離さないNLP営業心理術」(アスカ出版) (*オーディオブックCDも発売中) 「人づきあいの教科書」(アスカ出版) 「上手な話し方が身につく技術」(あさ出版) 「上手な聞き方が身につく技術」(あさ出版) 「必ず買わせる営業心理学」(SB文庫) 「デキる人になる話し方」(大和書房) 「沈黙のクレーマー」(青春出版) 「賢い癒し系女になる会話術」(講談社) 「営業力強化トレーニング」(PHP研究所)等 「ミステリーショッパーのひとりごと」(日刊自動車新聞社) 「ミステリーショッパーのひとりごとⅡ」(日刊自動車新聞社) 「この車買います!と言わせる営業の心理学」(日刊自動車新聞社) 「お客様に買ってもらう営業コミュニケーション術」(日刊自動車新聞社) 「なんだ、そうやるのか ロールプレイング実践マニュアル」(日刊自動車新聞社) 他 <執筆掲載紙の一部> 日本経済新聞(日本経済新聞社)、朝日新聞(朝日新聞社)、東商新聞(東京商工会議所)、 日刊自動車新聞(日刊自動車新聞社)、ザッツ営業(日本実業出版社)、SAY(青春出版社)、 Carat(PHP研究所)、THE21(PHP研究所)、MC+(三菱商事グループ広報誌)、 エネフレンド(東京ガス/ライフバル情報誌)、アンカー(アリコジャパン代理店広報誌)、 セールスサミットマガジン(フィデリティ投信情報誌)、日経ヘルスケア(日経BP)、 日経アソシエ(日経BP)、オムニ・マネジメント(日本経営合理化協会)、 第三文明(第三文明社)、月刊「広報」(日本広報協会)、他多数

<講演テーマ> <営業/販売系> 営業をしていれば、誰もが経験しているような事例を、顧客心理や実践心理学という切り口で 解明します。さらに、アプローチ方法を具体的にお話するので、今日から直ぐに使えるという 大きなメリットがあります。ご自身の振り返りにも最適です。

■詐欺師から学ぶ!?人間関係近づき論

振り込め詐欺や○○商法、世の中には危険が満ち溢れています。しかし、セールスで 応用できることも、実はたくさんあります。リラックスし楽しく聴いて頂くには最適。

■あなたのプレゼンに磨きをかける!セールス話法

商品に詳しくても、プレゼンが上手くても、ものは売れない。人はなぜものを買うのか? 根本から迫り、あなたのプレゼンの質を大きく飛躍させます。

■“心の距離を一気に縮める”コミュニケーション術

「初めて会うのに、昔から知っている気がする」。とは、誰もが一度は思ったことがあるの では?トップセールスマンも使っている強力なコミュニケ―ション術をご紹介。

■顧客心理から考える。目からウロコのクレーム対応

テクニックや基本アプローチだけを習得しても、なかなかうまくいかないのがクレーム対応。 お客様の反応がガラッと変わるポイントについてお話します。

■「あなたから買いたい」と言わせる営業心理学

実践心理学NLPを使って、買う気を向上させるアプローチをご紹介。心理学と聞くと「難しい」 と思う方も、人間心理に基づいた事例は「ある!ある!」と思わず納得。

<マネジメント/リーダーシップ系> コミュニケーションを土台に、上司―部下という縦組織での効果的アプローチが学べます。 人を動かす、リーダーシップを発揮するといった普遍的なテーマから、女性の活用やナレッジ の伝承、ロールプレイングといった話題のテーマまで、現実的で効果的な方法を、 観念論ではなく具体的にお伝えしていきます。

■ ロールプレイングで部下の能力を引き出す

ロールプレイングとは役割演技法といい、顧客を想定し予め対応を研究・練習するための 手法です。正しく実施することで、見違えるほど業績やCSが上がります。

■ジェネレーションギャップを乗り越える!部下の使い方

なぜ話が伝わらない?なぜそんなことを言う?なぜそんな行動をする? 理解に苦しむ今どきの若者。年齢や経験のギャップを乗り越え、 協働するためのヒントを学ぶ。

■働く女性は何を考える?女性の動機づけと活用方法

長引く不況、税収の低下、膨らむ国の借金、労働人口の減少etc。今まさに女性の労働力 が期待されています。理想論やべき論ではなく、現実的かつ効果的方法を探ります。

■ ほめる、しかる、励ます!部下とのコミュニケーション

部下がいれば、コミュニケーションの取り方に悩むことも多い。上司として何をどう行って いけばよいのか、3つの基本から具体的アプローチを学ぶ。

■言いたいことを要領よく伝える!話力アップのコツ

朝礼、会議、ミーティングetc・・話す機会は多い。しかも、時間は限られ、熱心な聴講者 ばかりではないはず。「なるほど、これか!」の強力テクニックをご紹介。

<参考URL> シーズ・コンサルティング株式会社

<講演料> 300,000円

さとうみつる

佐藤 満 (さとう みつる) 株式会社佐藤満国際経営・農業研究所 代表取締役社長

<メッセージ> 「企業の業績格差=戦略格差=経営者・管理者の能力格差」です。

<コメント> 世界の自動車会社の売り上げ実績をあげ、経営者としても国内外で活躍。 現在はその経験を元に経営者向けの講演・セミナーを行っている。

<経歴> 1943年 京都平安神宮の神宮の家に生まれる。 1967年 大学卒業後、一年半の卒業旅行(欧州・北アフリカ・中東・アジア)で約40カ国を放浪。 商社勤務を経て、1973年本田技研に途中入社。 ブラジル勤務、中近東部勤務を経て1985年、ホンダカーズ・タイランド社長、 1990年、ホンダクリオ愛知北社長、1991年、本社輸入車部長、 1994年、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン社長に就任。 ホンダ時代に、中東南西アジアにおいてホンダ製品の売上を3年間で2万台から12万台に、 タイでのホンダの乗用車シェアーを5年で2.5%から22%にさせ、タイ王国「経営者協会最優秀 マーケッテング」を受賞。 輸入車部長時代にはクライスラーのジープチェロキーを年間販売台数800台から2年後には 13000台へと販売の仕組みを構築。 また、VW-AUDIの販売台数を1993年の2万5千台から1996年の6万台にさせるとともに、 1995年にはVWを5年振りに輸入車No1の地位に復活させる。 1998年に日本ゼネラルモーターズ代表取締役社長兼GMアジア大洋州戦略会議メンバーに 就任。2001年にはGMアジアパシフィック(ジャパン)会長に就任。 2002年に同社を退社、株式会社佐藤満国際経営・農業研究所を設立し、社長に就任。

1973年06月 本田技研工業株式会社 中南米課配属 1974年12月 ホンダモトールドブラジル(ブラジルサンパウロ市)出向 1985年04月 ホンダカーズタイランド(タイ)社長 1990年04月 ホンダクリオ愛知北社長 1991年11月 本田技研(株)本社輸入車部長 1994年03月 VWグループジャパン社長 1998年09月 (株)日本ゼネラルモーターズ社長兼GMアジア 大洋州戦略会議メンバー 2001年08月 (株)ゼネラルモーターズアジア大洋州(日本)会長 2002年06月 (有)佐藤満国際経営・農業研究所社長 2005年06月 株式会社に組織変更

<主な活動> 世界の自動車会社での経験を生かした経営講話活動を展開。 インベスト・イン・ジャーニー(ドイツ国投資会社)シニア・アドバイザー

企業診断、研修、経営者・管理職対象の「講演」「セミナー」を年間150回程行っている。

<主な著書> 「超成功―人生を切り開く15則」(1996年 ダイヤモンド社) 「冒険心を持とう―攻めのビジネススピリット」(1998年 ダイヤモンド社) 「けんかは最終ラウンドで勝つ―プロフェッショナルになる15則」(2000年 ダイヤモンド社) 「日本GM社長が書いた『週末農夫の痛快生活』」(2000年 日本実業出版社) 「壁を破る発想法」(2003年 日経BP社)

<講演テーマ>

■良いリーダーシップを取れる秘訣を教えます

経営者に求められる真のリーダーシップとは。

■壁を破る発想法

変化に対する対応能力を付ける方法。

■売上は元気、利益は自信

会社の寿命は30年、延びている会社の理由とは。

<参考URL> 株式会社佐藤満国際経営・農業研究所HP

<講演料> 25万円

※その他 右側でSelect GridをTripleに設定 カテゴリ、タグを選ぶ タイトル下のパーマリンクに講師名をローマ字で入力